画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アユートは9日、台湾PLEXTOR製のハイエンドSSD「M8Pe」シリーズを発表した。PCI ExpressとM.2 NVMeの2モデルを用意。6月10日より発売する。価格はオープンで、直販価格は10,584円(税込)から。

○M83e(Y)

「M8Pe」シリーズは、TLC NANDを採用するハイエンドSSD。128GB / 256GB / 512GB / 1TBのモデルを用意し、直販価格(税込)は128GBが10,584円、256GBが18,144円、512GBが33,264円、1TBが59,184円。

NVMe PCIe Gen 3 x4に対応し、高速なデータ転送が可能。本体にはヒートシンクを搭載している。転送速度は、128GBのシーケンシャルリードが1,850MB/s、シーケンシャルライトが570MB/s、ランダムリードが135,000IOPS、ランダムライトが80,000IOPS。

256GBモデルは、シーケンシャルリードが2,400MB/s、シーケンシャルライトが1,000MB/s、ランダムリードが205,000IOPS、ランダムライトが160,000IOPS

512GBは、シーケンシャルリードが2,450MB/s、シーケンシャルライトが1,000MB/s、ランダムリードが210,000IOPS、ランダムライトが175,000IOPS。

1TBは、シーケンシャルリードが2,450MB/s、シーケンシャルライトが1,000MB/s、ランダムリードが210,000IOPS、ランダムライトが175,000IOPS。

TRIM、S.M.A.R.T、IO queue、NVMe commandなどをサポート。耐衝撃性は1,500G(最大)、環境温度は0度〜70度(動作時)と耐衝撃性 / 耐振性 / 耐熱性にも優れる。MTBFは1,500,000時間。本体サイズはW176.33×D22.39×H121.04mm、重量は200g。対応OSはWindows 8.1 / 10、Linux OS。保証期間は3年間。

○M8SeGN

M.2 2280フォームファクタのモデル。128GB / 256GB / 512GB / 1TBのモデルを用意し、直販価格(税込)は128GBが16,178円、256GBが23,544円、512GBが38,858円、1TBが64,584円。本体にヒートシンクは装着されていないが、NVMe PCIe Gen 3 x4対応など、機能や仕様はPCI Expressモデルとほぼ共通。本体サイズはW80×D2.3×H22mm、重量は10g。

転送速度は、128GBのシーケンシャルリードが1,850MB/s、シーケンシャルライトが579MB/s、ランダムリードが135,000IOPS、ランダムライトが80,000IOPS。

256GBは、シーケンシャルリードが2,400MB/s、シーケンシャルライトが1,000MB/s、ランダムリードが205,000IOPS、ランダムライトが160,000IOPS。

512GBは、シーケンシャルリードが2,450MB/s、シーケンシャルライトが1,000MB/s、ランダムリードが210,000IOPS、ランダムライトが175,000IOPS。

1TBは、シーケンシャルリードが2,450MB/s、シーケンシャルライトが1,000MB/s、ランダムリードが210,000IOPS、ランダムライトが175,000IOPS。