【冷めてもウマー!】鶏むね肉の「ゴロゴロ焼き」なら毎日お弁当に入れたい!

写真拡大 (全5枚)

鶏むね肉を冷めてもおいしく


鶏むね肉を上手に使いたいけどなかなか使いこなせない、そんな主婦の声をよく耳にします。冷めるとどうしてもパサつきがちな鶏ムネ肉。ジューシーに仕上げるのはなかなか難しいんですよね。そこで、今日は冷めてもしっとりが続く、鶏むね肉のお弁当おかずをご紹介します。

ゴロゴロお肉がおいしい


鶏むね肉を粗めに刻んで、円盤形に焼いていきます。この鶏むね肉なら、特別な処理をしなくても、刻んでいるので、パサつきが気になりません。ゴロゴロとしたお肉でボリュームもあり、食べ盛りのお子さんのお弁当にもおすすめです。

むね肉と大葉


お弁当にも♪胸肉と大葉のゴロゴロ焼き

by ★おぺこ★

胸肉を小さく切る事で食感を残しつつ、パサつきを抑えて冷めても美味しい☆

冷凍も可能♪お弁当にも☆

大葉のいい香り♡

むね肉とチーズ


♡胸肉とチーズのごろごろ揚げ焼き♡

by ゆみピメ

お肉ごろごろチーズとろりんで、冷めてもおいしいです☆お弁当にいかがですか?♡

むね肉と玉ねぎ


簡単☆ごろごろつくね バタポン酢

by どんぐり食堂

クックパッドニュース掲載 感謝 粗めに切って簡単。ふんわりむね肉としょきしょき玉ねぎの食感が楽しめます。バタポン酢が旨♪

チキンナゲット風


ごろごろチキンナゲット

by moj

鶏むね肉を大きめに刻んでフライパンで焼いたナゲット風!濃いめの味付けでお弁当にピッタリ。

安い鶏むね肉を上手に使えるレシピ。さっそく、今日のお弁当に入れたくなりますね。これなら「毎日でもいいよ〜」なんて声も聞こえてきそう!今日はスーパーで鶏むね肉をお得にゲットしちゃいましょう。(TEXT:吾妻愛子)

「お弁当」の基本ルール


水分が少ないおかずを選ぶ
おかずの味つけは濃いめにする
おかずは十分に加熱調理する
作りおきおかずは、詰める前にレンジで再加熱&冷ましておく
おかずやご飯は、しっかり冷ましてから詰める
素手ではなく、清潔な箸やスプーンで詰める
持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用する