ミツバチの意思決定の仕方には、我々も見習うべきところがある。


 みなさんの会社では、「声の大きい人の勝ち」という会議はないだろうか。1人演説を長々と続け、他の人が異論を差し挟もうものなら「いや、それはね」と発言を遮ったり、「君は全然分かってない」と罵倒したり。みんな嫌気がさすまで頑張って、ついに押しきるという人。

 昨今は「民主主義の限界」という言葉もよく聞こえてくる。他方、「強いリーダー」待望論も聞こえてくる。悪弊を刷新し改革を成功させるには、民主主義ではいつまでも決まらず、強いリーダーに一任した方がよい、というわけだ。

 しかしまあ、ご多分にもれず、「声の大きい人」の意見が正しいとは限らない。おかしなところも一杯あるというのが、むしろ普通。会議の参加者みんなが「言ってること、おかしいよ」と思ってる。けども、他方、「論破しようとしたらやたらと噛みつかれるし、変な論理で頑張るし、何より大きな声でともかく黙らせようとする。面倒くさい」ともみんなが思っている。押し切られている感じだ。

 しかしここで、面白い方法がある。声の大きい人を静かにさせ、会議に参加する全員の知恵をすくい上げ、しかも全員一致で意見がまとまることが多くなるという会議の方法がある。それが「ミツバチの会議」だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ミツバチの命がけの会議

『ミツバチの会議:なぜ常に最良の意思決定ができるのか』(築地書館)の著者、トーマス・D. シーリーは、ミツバチから会議の仕方を学び、大学の教授会という、これまた一癖も二癖もあるような教授たちの会議で、声の大きい人を静かにさせ、全員の知恵を吸い上げる画期的な運営を可能にしている。

 この本では、ミツバチの「分蜂」という現象を紹介している。新しい巣に群れごと引っ越しするこの大事業は、巣の場所を誤ると群れ全体が死に絶えるという命がけの選択。この死生を決する判断を、ミツバチは極めて民主主義的に決めるという。

 ミツバチは、良さそうな営巣地の候補を見つけたら、「あっちに良さそうな場所があるよ」とダンスで巣のみんなに教える。そのダンスを見た別のミツバチは「どれどれ」と見に行き、「ほんとだ、いいね」とダンスを踊る。とてもよい場所なら熱心に、そうでもない場所ならほどほどで踊るのをやめてしまう。これを繰り返すと、素晴らしい候補地を推薦するハチの数が増えていく。

 ただし、ダンスはどの蜂も一回だけ。推薦するハチが増えるかどうかは、成り行きに任せるしかない。この方法だと、本当によい候補地だけが推薦するハチの数を増やし、ついに群れ全体での引っ越しを決める。この判断は、ほぼ間違いがないのだという。

 そこで『ミツバチの会議』の著者は、ミツバチのこのやり方を参考に、教授会の発言の仕方にルールを持ち込んだ。「全員が発言を終えるまで、次の発言はできない」というもの。

 声の大きい人は、自分の番の時は自説をまくし立て、他の人が異論を述べようとしたときには「いや、それはね」と発言を遮ろうとするだろうが、「みんな発言し終わったら、あなたの番が来ますから」と言って、黙らせる。こうなると、声の大きな人も黙って聞くしかない。

 この方法だと、普段は発言しないような人からも意見が聞ける。こうした場合、意外な視点を提供してくれることがある。会議の空気がさっと変わって、次の発言者も「今のご意見は大変興味深い」と、掘り下げにかかるようになったりする。こうなると、声の大きな人も、全体の形勢が不利だと感じることになる。

 次に自分の番が来て、今までの発言全体に喧嘩を売っても、また順番に聞くしかない。次々に異論が出てくると、これは声の大きさで押しきれないことを認めざるを得なくなる。すると、今度は多くの人に受け入れられやすい意見を述べようと工夫しだす。議論が建設的なものになってくる。

 何周か意見を述べ合うと、会議の参加者全員が「落としどころはこの辺だな」ということを感じだす。異論が減り、そこで決をとると、全員一致で決まることが多い。もちろん声の大きな人は思い通りにならなくて不満な面もあるが、自分1人で声を張り上げてもどうしようもないことがよく分かるから、ある程度決定に納得するしかなくなるのだ。

「衆知」を並列につなぐ

 この「ミツバチの会議」は、コンピューターで言うなら並列回路につなぐようなものだ。

 昔、スーパーコンピューターの開発は、たった1個の中央処理装置の能力を高めることで速度を上げようとしていた。

 ところがある研究者が、パソコンで使われているような、大して計算速度の速くない装置を並列に組み合わせることで、スパコン並みの処理能力を発揮できることを示した。それ以後、スパコンは並列に装置をつなぐのが当たり前になったようだ。

 コンピューターでは、1個1個の装置は大した能力がなくても並列につなぐと大変な能力を発揮できることが明らかになっているのに、人間の脳はまだ「つなぎ方」が稚拙なようだ。少なくとも、ミツバチより劣っている会議は人間界では数多く見られるようだ。

「ミツバチの会議」なら、多様な意見を取り入れることができ、しかも出てきた意見に刺激を受けてさらに深く掘り下げた意見を引き出すこともできる。会議に参加する人々の脳を、並列回路でつなぐのと同じ効果があるわけだ。会議に参加する人たちすべての脳をつなぎ、1つのネットワークと化すことで、1つの巨大な、処理能力の高い脳を作るようなものだ。

 昨今のファシリテーションやワークショップといった会議の進め方も、言わば会議に参加する人々の脳を並列回路でつなぐ試みであり、ノウハウだと言えるだろう。

 恐らくは、人工知能の開発で分かってきた回路のつなぎ方は、たくさんの人間の知恵を結集する「並列回路」のつなぎ方にもヒントを与えるはずだ。

 民主主義は、現時点では「声の大きい人」に押し切られることが多いことを考えると、コンピューターやミツバチと比べても、まだまだ「つなぎ方」のノウハウが蓄積できていないのだとも言える。

 企業も人の集まりであり、よりすぐれた判断を下していかなければならないはずだ。そのためには、さまざまな情報と知見を持ち寄り、決断していかなければならないはず。

 ミツバチでさえ、分蜂という命がけの選択を民主主義的な方法に則り、多くの情報と意見を取り入れて、なるべく正確な判断を下そうとする。ならば人間にもそれができないはずはない。

 そもそも人間の脳も、1つ1つは大した処理能力がない神経細胞が並列回路で繋がることで、恐るべき処理能力を獲得したコンピューターなのだ。ならば社会も、脳やコンピューターや、はたまたミツバチから学んで、「衆知」を磨きあげる「つなぎ方」を真剣に模索してはいかがだろうか。

筆者:篠原 信