フランスで下院選第1回投票が行われ、同国北部ルトゥケで投票を行うエマニュエル・マクロン大統領(左、2017年6月11日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)フランスで11日、下院選の第1回投票が行われ、最終結果によると、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の中道新党「共和国前進(REM)」と、同じく中道政党で同盟関係にある「民主運動(MoDem)」の得票率が合わせて32.32%を獲得し、圧倒的多数を占める見通しとなった。

 仏内務省が12日午前1時30分(日本時間同8時30分)に発表した最終結果によると、共和国前進と民主運動は定数577のうち400〜445議席を占める見通し。

 これに続くのが、大統領選で振るわず復活を期して臨んだ右派・共和党で、最終的な得票率は21.56%。議席獲得数は70〜130議席になると予想されている。

 一方マリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)氏率いる極右政党「国民戦線(FN)」は得票率が13.20%で、1〜10議席にとどまるとみられている。大統領選でルペン党首がマクロン氏に手痛い敗北を喫し、同党がそこからの立ち直りに苦戦している様子がうかがえる。

 最大の打撃を受けたのはフランソワ・オランド(Francois Hollande)前大統領の社会党(PS)で、200もの議席を失う見通しである上、同党の候補として大統領選に臨んだブノワ・アモン(Benoit Hamon)氏までもが、18日に行われる決選投票に残ることができなかった。

 投票率は過去最低の49%に落ち込んだ。これについて識者らは、マクロン氏の快進撃を目の当たりにした反マクロン派の間に、諦念が広がっていることの表れとみている。
【翻訳編集】AFPBB News