今野泰幸【写真:田中伸弥】

写真拡大

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてイランのテヘランで練習を行った。

 イラク戦へ「毎日のトレーニングをとにかく一生懸命やっているだけ」という今野泰幸は、コンディションについてこんな話をしている。

「コンディションが上がっている、上がっていないは見ている人が判断するものだと思う。監督とかスタッフとか、お客さんとかが判断するものだから、あまりその辺は意識しないで。自分ではわからないので、正直」

 今回も球際での激しいバトルが予想される。今野も「相手をスカウティングしても激しい」と話す。そして「シリアもかなり激しかったけど、そのシリアより球際が激しいという情報だから」と、イラクへの警戒を強めていた。

 非常に暑い中での試合となりそうで、試合をコントロールすることも必要になる。それでも、今野は「戦い続けないと勝利はなかなか転がり込んでこない。なるべく90分近く戦えるようにしないといけない」と、ピッチに立つ限りは全ての力を出し切る意思を示した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部