日本在住の中国人写真家・馮学敏さんが30年のカメラマン人生の中で撮りためた風景が収録された写真集「中国印象」がこのほど出版された。

写真拡大

日本在住の中国人写真家・馮学敏さんが30年のカメラマン人生の中で撮りためた風景が収録された写真集「中国印象」がこのほど出版された。

【その他の写真】

日中国交正常化45周年を記念して、日本の東京出版が出版したこの写真集は、各方面から注目を集めている。

また、在日本中国大使館の程永華大使や自民党の二階俊博幹事長が同写真集の出版に対して、祝辞を送っている。

馮さんは日本でカメラマンとして活動を続けてきたこの30年間において、常に「故郷を思う心」を色濃く表現しており、休暇を利用しては頻繁に中国に帰国し、作品を撮り続けてきた。中国各地をめぐり、数々の驚きに満ちた経験を重ねた。

馮さんは謙虚で温和な性格のカメラマン。中国各地の世界遺産や名所旧跡に惚れ込み、各地の民族風習・文化を収集し、今までに紹興、吉林、景徳鎮、雲南、貴州、四川、チベット、新疆、北京、広西、湖南、陝西、山東、江蘇、浙江、福建、重慶などの特色あふれるさまざまな「故郷シリーズ」の作品を撮っている。

また、それらの作品で国内外の各地で写真展を開催したり、写真集を出版しており、業界内においても注目と称賛の声を集めている。

馮さんは、「今回出版した『中国印象』では120点を厳選し、30年のカメラマン人生の集大成となる写真集になっている。写真集には中国語、日本語、英語の3言語で説明が添えられており、長年の努力が詰まったこの写真集を通して、より多くの海外の読者が中国に対する理解を深め、中国を訪れたいという気持ちになることを願っている。また、写真集を通して、日中両国間の民間文化交流の一助になることを願っている」とその思いを語った。(提供/人民網日本語版・編集YK)