出典:https://www.shutterstock.com

手相とは、手に刻まれている線とその場所によって、運勢を占う方法。女子なら誰もが一度は夢見る“玉の輿”。有力者にみそめられて、世界が一変する“シンデレラ・ストーリー”を手に入れてみたいものですよね。


出典:Nosh

そこで今回は、持っていたら幸運!な“玉の輿にのる手相”があなたの手に刻まれているか見てみましょう。

 

■1:「スポンサー相」…月丘から伸びた線と運命線が合流している

手を握ったときに小指が触れる部位から下の広い部分(月丘)から、斜め上に伸びる線が運命線に合流するのは、有力なスポンサーが現れて運勢が上向くことを表します。大きな資産を持つ人と結婚して玉の輿にのったり、仕事面で思いがけない支援者が現れたりして金運に恵まれた人生を送ることができるでしょう。いずれにせよ人との出会いによって、大きく人生が好転する人に多い相です。

 

■2:「もてはやされ相」…月丘から伸びる運命線と金星丘から伸びる運命線が合流

手を握ったときに小指が触れる部位から下の広い部分(月丘)から伸びる運命線と、親指下部の広い部分から伸びる運命線が途中で合流するのは、家族や恋人から大きな恩恵を得られる相。さらに他人からも支持されて、可愛がられるというお得な手相です。金運もよく、贈与などで大金を得たり、人気が出て高い収入を得られるはず。ただし、あまり他人を当てにしすぎると運が下がるので、気をつけて。

 

■3:「資産家から寵愛される相」…生命線の内側に起点があって下部に島状紋がある

運命線が生命線の内側からスタートし、その下の方に島状の紋がある手相は、自分よりも社会的地位が高い人や経済力がある男性に気に入られ、愛されることを意味します。人柄が魅力的で、援助してくれる人のそばで物質的に何不自由のない暮らしを送ることができるでしょう。ただし、夫婦という形態ではなく、愛人になりやすいところがあるため、ケジメをつけるようにしましょう。

 

■4:「前途洋々な玉の輿相」…太陽線の支線が下から斜め上に伸びて合流

薬指の下部にある太陽丘から出る“太陽線”の支線が、下の方から合流するのは、とても良い手相だとされます。権力のある男性からバックアップされ、どんどん道が拓けていく前途洋々の相。運の良さに加えて自分自身でも努力をし続ければ、さらに幸運になれると言えます。親指下部の金星丘をスタートした線が太陽丘に流れ込んでいれば、両親や親しい人から不動産などを譲り受ける可能性もあるかもしれません。

 

玉の輿にのる女性は、容姿の美しい人が多いかと思いきや、意外とそうでないことも多いとされます。どちらかというと、心の美しさがにじみ出ているといった印象の方が強いかもしれません。男の人をアテにせず自立していて、しかも心優しく励ますことができるあなたなら、きっと「玉の輿」も夢ではないかもしれません。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ 1枚目: Wedding Stock Photo/shutterstock

※ 2枚目:(c)Nosh

【関連記事】

※ 【あると幸せになれるレア手相】運命線が手首から中指の付け根に一直線だと…

※ 持ってたらラッキー!男が言い寄ってくる「モテ手相」4選

※ 婚期がわかる【ゴールイン手相】健康線が一文字にハッキリ刻まれているのは…

※ いい男度がわかる手相Best4!感情線の小指と薬指の間に3つ「島」があると…

※ 金運に恵まれる手相Best4!知能線が薬指で感情線に届くのは玉の輿の相