夏なのに体が冷える…なんだか矛盾していますが、実に半数以上の女性は、夏でも冷えを感じているそうです。女性の体の構造からして、冷えやすいということもあります。しかし最近では、冷房が大きな原因のひとつとなっているようです。体に悪影響を及ぼす冷えを解消し、夏の冷え性を乗り越える方法などをご紹介しましょう。

女性の体が冷えやすいのはなぜ?

女性は男性よりも筋肉が少なく、しかも脂肪が多いですよね。一般に女性の体が冷えやすい理由は、ここにあります。筋肉が少ないと熱の生産量が少なく、また脂肪は温まりにくい性質があるからです。それだけではありません。生理がある時期は血液の量が減るため、血液が体全体に行き渡りにくくなります。特に手足などの末端では血の巡りが悪くなり、冷えが生じやすくなります。

生理中でなくても、女性はファッション重視で薄着をしたり、体を締め付けるような服を着ることがあります。すると血液の流れが悪くなり、冷えの原因となることもあります。それから運動不足で下半身の筋肉が衰えることも、冷えを起こしやすくなります。なぜなら重力で血液が下半身に下がっても、筋力がないと血液を上半身へと送り返すことができず、血が滞りやすくなってしまうからです。

冷え性が病気を招くこともある

体は冷えているよりも、温まっている方が元気になります。温まっているほど免疫力が上がり、内臓の働きが良くなるからです。それに対し、体の冷えは百害あって利なし、何一つ得ることはありません。それどころか、冷えが病気を引き起こすこともあります。

例えば膀胱炎になる原因の一つに、体の冷えにより代謝が下がり、排尿がうまく機能しなくなることがあります。また体の冷えで卵巣機能が下がると、ひどい月経痛や体の不調を伴う月経困難症を引き起こすこともあります。このように冷えが原因となり、女性にとって大きな苦痛となる場合があるのです。

夏でも入浴を、そして脚を鍛えると冷え解消に効果的

店や電車内で冷房が効いていて、薄着でいると寒い思いをすることがありますよね。また仕事場では、長時間冷房に辛抱しなければならないこともあるでしょう。そんな時の冷え対策として、ショールや腹巻、靴下などで、首やお腹、足首を集中的に温めるようにすると、冷えがおさまりやすくなります。それから冷えには入浴が効果的です。夏でも毎日シャワーだけで済ますのは避けて、入浴するようにするとよいでしょう。入浴は、体温調節機能のある自律神経を整える作用もあるので、冷えが改善されやすくなります。

また適度な運動も、冷えの改善におすすめです。ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、筋肉をポンプのように使って、上半身から送られてきた血液を上へと送り返しています。そのため脚を鍛えると、全身に血液が行き渡るようになり、冷えが解消されやすくなります。また下半身に溜まりがちな水分も流すようになるので、むくみ解消にも効果があるんです。暑くなればなるほど、冷えていってしまう女性の体。しっかり冷え対策をして体を守りましょう。


writer:Akina