6/9(金)、チキパことCheeky Paradeが渋谷WOMB LIVEで行っている定期ライブ『LIVE LIVE LIVE! VOL5』を開催。

かねてより発表されている通り、この日をもって、メンバーの溝呂木世蘭・小鷹狩百花がCheeky Paradeとしての活動を終了。ソールドアウトとなった渋谷WOMB LIVE には、大勢のファンが詰めかけた。

前回行われた定期ライブ『LIVE LIVE LIVE! VOL4』と今回の公演で、全てのCheeky Paradeの楽曲が観られます!と公言していたチキパ。公演の間に2名の活動終了が発表され、おのずと、その理由が明らかになった。5年半という長い年月を共に、愛嬌たっぷりのステージを披露してきた2人を、全部の楽曲と共に送り出そうというわけだった。

後編となる『LIVE LIVE LIVE! VOL5』では、9人の絆が描かれた「WE ARE THE GREATEST NINE9’」からスタート。LA留学中の2名の音声が活かされた音源に、メンバーが一人一人ソロを重ねていく楽曲だけに、はやくもメンバーの目から涙がこぼれる。そして、シングル楽曲を含めた『BUNBUN NINE9’』『C.P.U !?』『無限大少女∀』『Together』『M.O.N.ST@R』『Hands up!』『Shout along!』など、これぞチキパという代表曲が連なってゆく。

“僕らがNo.1”そう高らかに誓う『M.O.N.ST@R』をアンコールで、再度披露。本編では披露していなかった、山本真凜・鈴木真梨耶の声が入っている『M.O.N.ST@R』。それは、9人の絆がこれからもつながっているような感覚を思わせるラストだった。

リーダーの鈴木友梨耶は「活動終了しなきゃよかった。そう思えるくらい、大きくなれるように5人で頑張る!そして真凜・真梨耶を待ちたい。そして、せらん・ももの2人には幸せになってほしい。」とはなむけの言葉を贈ると、メンバーから「結婚するみたいじゃん!」と次々ツッコミ。小鷹狩百花が「ざわつくからやめて〜!」と、最後の最後まで、らしさ満開のライブとなった。

6月10日より、日本での活動メンバーは5人、そしてLAへ留学している山本真凜・鈴木真梨耶を含め、メンバーは7名となる。これまで5年半、オリジナルメンバーが欠けることなく活動を続けてきたチキパ。6年目の正念場、チキパの覚醒に期待をかけたい。