「au HOME」のロゴ

写真拡大

 KDDIと沖縄セルラーは、「auひかり」ユーザーを対象に、スマートフォンとネットワークカメラなどの「au HOMEデバイス」を活用し、外出先から家族や自宅の状況把握や、家電の遠隔操作などが行えるIoTサービス「au HOME」の提供を7月下旬以降に開始する。

 センサやネットワークカメラなど、さまざまな「au HOMEデバイス」を使って、外出先からドアのカギや窓の開閉状況の確認や、自宅にいる家族やペットとのコミュニケーション、家電の遠隔操作など「au HOMEアプリ」による一元管理が可能になる。

 利用にあたっては、「au WALLET Market(auショップ)」で販売する「au HOMEデバイス」の購入が必要で、機器(デバイス)の種類によって利用できる機能が変わる。機器代金は「ネットワークカメラ 01」と窓の開閉状況、温度・湿度・照度がアプリからわかる「マルチセンサー 01」をセットにした「オススメセット」の場合で1万1760円。

 「au HOME」基本プランの月額料金は税別490円で、オススメセットを一括払いで購入する場合、初回請求月は月額料金とあわせて1万2250円、分割払いの場合は月額980円×24回。「au HOMEデバイス」の設置と初期設定を行う訪問設置サポートも有料で提供する予定。

 また、au公式アクセサリ「au +1 collection」として、ケースなど、2017年夏モデルそれぞれの専用アクセサリ、機種を問わず利用できるスマホリングやVRゴーグル、家の鍵やサイフなどに取り付けて、手元から離れると、いつどこでなくしたかスマホに知らせるBluetooth紛失防止タグ「MAMORIO」など、便利なアクセサリ、約100種類を順次発売する。

 IoTアクセサリの「MAMORIO」を開発したMAMORIOは、「KDDI ∞ Labo」第10期生としてKDDIやパートナー企業とともに開発を進めてきた。「MAMORIO」を取り扱うのは、国内通信事業者としては国内初。

●人やモノを対象に続々登場 IoTを活用した見守りサービス



 NTTドコモも、生活全般をサポートするサービス「dリビング」のサービスの一つとして、専用のネットワークカメラや手持ちのタブレット端末/スマートフォン利用した見守りサービスを提供している。ハード、サービス、インフラなどさまざまなアプローチから、IoT機器を利用した見守りサービスが登場しており、自宅を対象としたサービスは「スマートホーム」や「スマートハウス」とも呼ばれる。これらのサービスの共通点は、スマホ向けアプリでコントロールすること。IoTを活用したより便利な暮らしの提案は、「格安SIM」と呼ばれるMVNOへのユーザー流出を防ぎたい大手キャリアの今後の注力分野になりそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)