ご当地ボディソープ新作は広島県産レモンの香り

写真拡大

クラシエホームプロダクツ(東京都港区)は、「ご当地ボディソープ」企画第4弾として広島県産の「レモン」の成分を配合した「ナイーブボディソープ(レモンの香り)」を2017年6月12日に発売する。

うるおい成分配合

広島県では明治時代からレモンの栽培が行われており、瀬戸内海の温暖な気候のおかげで今や日本国内生産量第1位(約6割)を誇るという。

広島県産「レモン果汁」(うるおい成分)を配合し、暑い季節にベタつきがちな肌もさわやかな素肌へ導いてくれる。「石けん洗浄成分」と「アミノ酸系洗浄成分」をベースにした「サッパリクリア処方」を採用。やさしい泡でサッパリ気持ちよい洗い上がりに。また、ブランド誕生以来のこだわりという「洗う成分100%植物生まれ」の泡でやさしく洗えるのも特長だ。さらに、肌への配慮として着色料、鉱物油、シリコン、パラベン、アルコール(エタノール)不使用。子どものデリケートな肌もやさしく洗える。

さわやかさが感じられるすがすがしいフレッシュレモンの香り。

全国のドラッグストア、スーパーマーケットなどで取り扱う。

内容量はジャンボ530ミリリットル、詰替用380ミリリットル。