by Darren Cowley

銀行からお金を借りる際に、株式や不動産を担保とするのではなく、「チーズ」を担保とするローンがイタリアには存在します。一体どういうことなのか?と思ってしまう特殊な仕組みがYouTubeのムービーで公開されています。

Banking on Cheese: The Bank That Uses Parmesan as Collateral - YouTube

チーズの製造者にはローンが必要です。



なぜなら小屋を建て、トラクターを買い……



牛を育てるための大量の飼料も必要になるため。



そこで、チーズの国イタリアでは、「チーズを担保にお金を貸してもらえる」という特殊なローンが作られています。



この物語は、3人の男と、何百万ドルもの価値があるチーズを巡る話。







まず登場したのは、チーズを製造するマウロ・ロッシさん。



イタリアのエミリアーノという場所で、チーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」を製造しています。



製造現場では1日60ホイールのチーズが作られているとのこと。



年換算すると、1年に2万ホイールものチーズが作られているそうです。



カードがホエイと分離させられているところ。GIGAZINEでもチーズ作りはやってみましたが、まったく規模が違います。



巨大な棚にずらりと並べられたチーズは圧巻。







このような大規模なチーズ作りを行うにはローンが必要。ということで、マウロさんのようなチーズ製造者は「CREDITO EMILIANO」というイタリアの大手銀行に向かいます。





一般的なローンと同じく、チーズ製造者のローンにも担保が必要。ローンの担保として株式や不動産が利用されることが多いのですが、マウロさんの場合、担保になるのはチーズそのものです。



CREDITO EMILIANOで働く銀行員の1人がファウスト・フィリッピさん。



CREDITO EMILIANOは一般的な銀行業務も行いますが、パルメジャーノ・レッジャーノの製造者をサポートすることに力を入れている銀行でもあります。



パルメジャーノ・レッジャーノは18〜36カ月間の熟成期間を必要とし……



1つのホイールが数千ドルの価値になるという、特別なチーズです。



パルメジャーノ・レッジャーノそのものを担保とするプログラムが作られたのは、パルメジャーノ・レッジャーノが地域特有のものであり、代表的な製品であるためだとのこと。



とは言っても、銀行が保管庫の現金や金の隣にチーズを保管しているわけではありません。何千ものチーズで埋め尽くされた特別な倉庫が作られているのです。



ここで登場するのが、ロベルト・フリニャニさん。フリニャニさんはタリアテ・ジェネラル倉庫の代表者です。



CREDITO EMILIANOは各チーズ製造者の担保とされたチーズをこの倉庫に預けるというわけ。



「私たちはクライアントを代表してチーズを管理しているのです」とフリニャニさん。



フリニャニさんらが管理するチーズの数はおよそ30万ホイール、額にすると200億円近くにも上ります。



基本的にチーズは特別なケアをしなくても価値が下がるものではないのですが、「私たちは、牛から銀行まで、製造者たちの投資を守っています」とフリニャニさんは語りました。