BIGBANGのG-DRAGON、新曲「無題」MV再生回数が1000万回を突破!“圧倒的な勢い”

写真拡大

BIGBANGのG-DRAGONの新曲「無題」のミュージックビデオが再生回数1000万回を突破し、熱い人気を集め続けている。

本日(11日) 午後3時基準、YouTubeの公式チャンネルで公開されている「無題」のミュージックビデオは再生回数1001万7千256回を記録した。

「無題」のミュージックビデオはシンプルなセットを背景に、G-DRAGONの感情演技と哀切なメロディー、歌詞が際立つ映像だ。撮影当時からG-DRAGONの没入感あふれる演技で、最初は様々なセットで撮影するはずだった計画を変更し、ワンテイクで終了することになったエピソードが明かされたミュージックビデオでもある。

G-DRAGONがボーカルだけで埋め尽くしたスロー曲「無題」を単独タイトル曲に決めたことも予想できない新鮮なことなのに、発表以来4日間、韓国の国内全ての音源チャートで1位を席巻し、突風を巻き起こしている。「無題」が収められたG-DRAGONの新しいアルバムもiTunesアルバムチャート39ヶ国1位を記録するなど、韓国を越えて世界的に大きな愛を受けている。

ニューアルバムを通じて大きな愛を受けているG-DRAGONは10日、ソウル上岩(サンアン) ワールドカップ競技場で行われたワールドツアー「ACT III、M.O.T.T.E」の初公演を成功的に終え、17日と18日にはマカオでツアーを続けていく予定だ。