「週刊ジャンプ」最盛期の部数は?

写真拡大

集英社が発行する週刊漫画雑誌、「週刊少年ジャンプ」の発行部数が200万部を割ったことが話題となりました。これは出版不況を象徴するトピックであるといえるでしょう。かつて「ジャンプ」は日本一売れている週刊漫画雑誌として知られていました。

何百万部出ていたのか?

「ジャンプ」の最盛期の発行部数は、1995年の初頭に記録された653万部です。実に現在の3倍の数字です。さらに「ジャンプ」などの週間漫画雑誌は、複数の人間が読むメディアとしても知られています。3人に回覧されていたとすればおよそ2000万人が目にしていたことになります。まさに、怪物的なメディアであるといえるでしょう。

どんな作品が掲載されていた?

600万部を越えていた時代は「ジャンプ黄金期」と呼ばれています。この時どういった作品が掲載されていたのでしょうか。鳥山明による「ドラゴンボール」、井上雄彦による「スラムダンク」、ゲーム作品「ドラゴンクエスト」をモチーフとした「ダイの大冒険」、冨樫義博の「幽遊白書」といったラインナップが並びます。現在でも知名度の高い作品が毎週ひとつの雑誌に集まり、しのぎをけずっていたのです。まさに黄金期です。