SUPER JUNIOR、カンイン&ソンミンの活動中止を要求する声を受け「ファンとの懇談会」を開催か?

写真拡大

SUPER JUNIORがファンとの懇談会を開催する予定であることを知らせた中、この懇談会が開催されるかどうかについて多くの人々が関心が集まっている。

SUPER JUNIORの所属事務所Lable SJは最近、SUPER JUNIORのファン掲示板をはじめ、メンバー別ファンページを通じてチームの方向性について意見を交わす趣旨の懇談会開催のニュースを知らせた。

所属事務所は「SUPER JUNIORが今年下半期に久しぶりのカムバックを控えている。これに長い間、SUPER JUNIORの活動を待ってくださったファンの方々と共に、SUPER JUNIORの今後の方向性について意見を交わす席を用意するつもりだ」と明らかにした。

SUPER JUNIORの下半期カムバックの報道以来、ファンダム(特定のファンの集まり) 内でカンインとソンミンの活動中止を要求する声が上がり、彼らの声を聞くため、このような選択をしたものとみられる。数回にわたって違法行為を犯したカンイン、結婚及び入隊や除隊を経て、ファンとコミュニケーションをしていなかったソンミンに向けた不満の声が大きかったと分析される。

しかし、ファンを相手にした懇談会開催をめぐってファンダム内の反応はあまり良くない。“ファンの代表”という資格をどのように付与するか、その基準が曖昧なこと、過去他のアイドルグループの懇談会が良い前例を残さなかったこともその理由だ。

現在、SUPER JUNIORの掲示板に掲載されていた懇談会の開催に関する書き込みは削除された状態だ。懇談会開催の有無も不透明な状況だ。これに、今後SUPER JUNIORがファンを相手に懇談会を開催することができるかどうか関心が集まっている。