梅雨特有のだるさや体調不良 体にたまった「水とカビ」が危ない

写真拡大

全国各地で続々と梅雨入りした。これから当面はジメジメした日が続くうえ、気温が高くなって体調を崩しがちになる。

体のだるさや重さ、疲れやすさといった不調をもたらす原因として注意したいものが2つある。水とカビだ。

体から排出しきれない水分が「悪さ」

気象庁の6〜8月の3か月予報によると、降水量は6月が西日本の太平洋側で、7月は東日本と西日本の太平洋側で、それぞれ平年並みか多い予想となっている。気温は、6月が北日本から西日本にかけて高く、7月は全国的に平年並みか高め、8月に入ると全国で高くなると見られる。

花王やパナソニックなどが協賛し、女性の健康を考えるため医師や専門家が集まって発足した「ウーマンウェルネス研究会」は2017年5月11日、梅雨時期の身体や精神面の不調に関する意識調査結果を発表した。20代〜50代の男女851人のうち、「だるい」「疲れる」といった「梅雨だる」を感じていると答えたのは、全体の59%。そのなかで、具体的な症状は、「だるい」(54.1%)、「身体が重い」(31.1%)、「疲労感がある」(28.3%)、「憂うつな気分になる」(27.3%)、「やる気がしない」(22.0%)と心身両方に及んでいた。

体の不調をもたらす原因として、東洋医学の考え方に「湿邪」「水毒」というものがある。複数の漢方医や薬局、クリニックがツイッターでこの点に言及している。ALSOKのウェブサイトが詳しく解説していた。水毒とは体に「余分な水」がたまって引き起こされる症状で、「全身がだるい」、「めまいがする」、「手足が冷える」、「全身がむくむ」とさまざまだ。

気温が上昇して、熱中症の懸念が出てくるこの時期は、水分補給が欠かせない。ところが湿度も高いため、意外と汗をかきにくい。体内の水分が排出しきれずとどまりがちになってしまう。これが「水毒」のもとになる。

そこで水の排出の工夫が大切だ。まず入浴や運動で汗をかく。運動すれば筋力がついて代謝もアップする。また利尿・発汗作用のある食べ物もとるとよい。水分をしっかりとり、しっかり出すサイクルを心がける。

レジオネラ菌による感染症は7月が最多

もうひとつ、カビにも注意が必要だ。「日テレニュース24」で2016年6月30日、諏訪中央病院の鎌田實名誉院長が詳しく説明していた。

まず、アスペルギルス症。日本呼吸器学会のサイトによると、「アスペルギルスは自然界に広く存在しているカビ」で、通常は病気の原因になりにくいが、免疫力が低下していたり肺の病気を抱えたりしている人は、肺の感染症を引き起こすという。鎌田氏は、感染すると微熱が続きせきやたんが出て、風邪に似た症状だが長く続いている場合はアスペルギルス症を疑った方がよいとした。

また夏型過敏性肺炎は、トリコスポロンというカビがきっかけで肺にアレルギー性の炎症を起こす。

レジオネラ菌も要警戒。温泉や入浴施設で、衛生状態が不良な場合に増殖し、感染する恐れが高まる。特にレジオネラ肺炎にかかると、重症化して最悪の場合は死に至る場合がある。国立感染症研究所によると、レジオネラ菌による感染症が最も多く発生するのは7月。これからの時期は注意しなければならない。