『カウボーイビバップ』

写真拡大

1998年より日本で放送されたアニメ『カウボーイビバップ』が、ハリウッドで実写版TVシリーズとして甦ることが明らかとなった。米Varietyなどが報じている。

物語の舞台は、2071年の火星を中心とした太陽系。年期が入った宇宙船ビバップ号に乗った賞金稼ぎのカウボーイ、スパイク・スピーゲルをはじめとする乗組員の活躍を描くSFアニメ。エピソードによってサスペンスやホラー、アクション&コメディなどテイストが異なるのが特徴的な作品だ。

実写版TVシリーズを製作するTomorrow Studiosは、英製作会社ITV Studiosとプロデューサーのマーティ・アデルスタインによって共同運営されるアメリカの製作会社。アデルスタインは、『プリズン・ブレイク』や『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』などの人気ドラマシリーズを手掛け、実写版『カウボーイビバップ』では製作総指揮を担うこととなっている。彼のほかにベッキー・クレメンツ(『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』)とマシュー・ウェインバーグ(『This Is Happening(原題)』)、ジョシュ・アッペルバウムとジェフ・ピンクナー(『暴走地区-ZOO-』)らも製作総指揮に名を連ねている。脚本を担当するのは、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のクリストファー・ヨスト。

アニメ版は全26話で構成され、2001年には劇場版『カウボーイビバップ 天国の扉』も公開。同年に米国でもアニメ放送局アダルトスイムで放送され、欧米市場にて新たな日本アニメファンを獲得することに貢献した。(海外ドラマNAVI)