<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>
国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の最終日。単独首位から出たキム・ハヌル(韓国)がこの日スコアを1つ伸ばし、トータル15アンダーで今季3勝目を挙げた。
藍ちゃんのラストゲーム!?勇姿を収めた最終日LIVEフォトギャラリーはこちら
ハヌルは前半2番でバーディを先行するも、その後は中々スコアが伸ばせない我慢の展開が続く。2位と1打差に迫られ迎えた最終18番のウイニングパット。1mのパーパットをきっちりと決め、大観衆の拍手喝采に両手を突き上げ喜びを露わにした。
ツアー初勝利を狙った堀琴音は勝利まであと1打とハヌルを追い詰めるも及ばず、2位で大会を終えた。4打差3位にはテレサ・ルー(台湾)が入っている。
また、引退発表後初戦の宮里藍はスコアを1つ伸ばし、トータル2アンダー26位タイでフィニッシュ。今季初勝利を狙ったイ・ボミ(韓国)はトータル6アンダー14位タイで4日間を終えた。
【最終日の結果】
優勝:キム・ハヌル(-15)
2位:堀琴音(-14)
3位:テレサ・ルー(-11)
4位T:山城奈々(-10)
4位T:辻梨恵(-10)
シニアツアー第3戦が終了!リーダーボードで結果をチェック!
キム・ハヌルが首位浮上!今シーズン絶好調の理由を“姉弟”で解説
「ようやく堪えなくて良いのかな」宮里藍、引退発表後の初戦を“笑顔”と“涙”でホールアウト
キム・ハヌルの母が語る スマイルクイーンの育て方3【キム・ハヌルコラム特別編】
キム・ハヌルをもっと知りたい!人気ゴルファーを丸裸〜注目プロ名鑑