ブレーブスの本拠地、サントラスト・パーク【写真:Getty Images】

写真拡大

ブレーブス本拠地のイベント、緑の全身タイツが大逆転「アトランタスポーツ史上最高」

 米大リーグの試合中に全身タイツの謎の男が出現。「ボルト級」の俊足とパフォーマンスでグラウンドを疾走し、“大逆転ドラマ”を演じた。笑撃の一部始終を、MLB公式ツイッターも動画付きで紹介。「アトランタにおけるスポーツ史上最高のものだ」とファンも大反響となっている。

 話題の舞台となったのは、ブレーブスの本拠地、サントラスト・パークだ。

 動画では、緑のタイツの全身タイツに、顔にはデカいゴーグルを着けた「謎の男」が登場。黒いスパイクを穿くと、球場外を走っていく。次の瞬間、現れたのはグラウンド上だった。レフトポール際のフェンスが開き、ホームランをかっ飛ばしたポーズと取ると、歓声に包まれた。

 MLB公式動画サイト「Cut4」の記事によると、この男の名は「ザ・フリーズ」。イニング間に行われる球場イベントでファンと競走し、盛り上げるエンターテイナーだ。勝負はレフトポール際からライトポール際までのフェンス沿い。しかし、「ザ・フリーズ」の速さは衝撃的だった。

 ブレーブスのTシャツを着た20歳前後とみられる若い男性から遅れること5秒。約30メートルのハンデを与えてスタートしたが、いきなり躓いて転倒しかけた。しかし、そんなアクシデントもものともしない。体勢を立て直すと、グングン加速した。男性の足も速いが、「ザ・フリーズ」の足はさらに速い。みるみるうちに差が詰まっていく。

 何より、緑の全身タイツが球場を疾走する姿は、なんとも異様である。

ファン大反響「ブレーブスよりエンターテインメントとしては優れている」

 そして、「ザ・フリーズ」は見事にゴール直前に男性を差し切り、人差し指を口に当ててカッコ良くポーズを決めてテープを切った。そのタイムは25秒。スタンド最前列のファンとハイタッチを次々と交わし、歓喜に酔いしれていた。

 この動画がMLB公式ツイッターで紹介されると、ファンの間で瞬く間に反響が広がった。

「フリーズを見るためだけにブレーブスの試合に行きたい」

「球場での余興としては、自分が見てきた中で一番だ」

「ブレーブスよりエンターテインメントとしては優れている」

「なんて面白いんだ!」「まさにボルトだ!」

「NFLのチームが彼に近々連絡をとるかもしれない」

「アトランタにおけるスポーツ史上最高のものだ」

 このように賛辞の言葉が並べられていた。では、称賛を浴びた「ザ・フリーズ」の正体は誰なのか。記事では、意外な正体を明かしている。

選手ばりに速すぎる全身タイツ「ザ・フリーズ」の意外な正体とは…

「ザ・フリーズ」の正体は、ブレーブスのグラウンドクルーを務めるナイジェル・タルトンさん。学生時代には陸上に取り組んでいたこともあるというが、現役ではなく、今は球団の裏方スタッフだ。

 記事では「ブレーブスファンのエヴァンさんとの対決となったレースでも、自信に溢れる彼はウサイン・ボルトのポーズを真似る仕草をレース前にしていた」と紹介している。

 さらに、スタートで躓いたが「かつてはボルトも躓きながらレースに勝ったこともあるように、ザ・フリーズもエヴァンさんを捉えると、ボルトの決めポーズとともにフィニッシュラインを越えて勝利した」とレポートした。

 もはや、グラウンド上でプレーするメジャーリーガー顔負けの俊足を誇る「ザ・フリーズ」。記事では、こうも述べられている。

「いつの日か、ザ・フリーズが野球界のスピード・キング、ビリー・ハミルトン(レッズ)と対決することを願うだけだ。印象深い対決となるだろう」