世界中から注目されたコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の議会証言が6月8日に行われました。前日に公表された証言テキストでは、トランプ大統領とコミー氏の会話が、直接引用も含めて臨場感をもって再現されており、大変興味深いものでした。

 証言テキストの中で、トランプ大統領がコミー氏に対して、FBI長官の地位と引き換えに「忠誠」を求めたことや、フリン前大統領補佐官を「これ以上追及しない(let this go)」よう望むと伝えたこと、自身が捜査対象でないことを公表するよう求めたことなどが明らかにされました。

大統領の「正しさ」が裏付けられた?

 フリン氏の件について、コミー氏は大統領との会見直後のメモで、「ロシア大使との会話についてフリン氏がうその声明を発表したことに関連して、同氏の捜査を全て打ち切るよう大統領が要請していると理解した」と述懐しています。

 もっとも、これまでに報道されてきたこと以外の新しい事実はほとんどありませんでした。また、証言はあくまでもコミー氏の記憶に基づくものであり、その内容の客観性が担保されているわけではありません。

 証言テキストを受けて、トランプ大統領は、本件のために選任した顧問弁護士を通じて「自分の正しさが裏付けられたと感じる」とのコメントを発信しました。大統領の「正しさ」が何を意味するかは不明ですが、仮に自身が「捜査対象でないと公言してきたこと」を意味するのであれば、あまりに近視眼的だと言わざるをえません。

「捜査に圧力をかけなかった」との発言が「正しい」と言いたいのであれば、それは大いなる勘違いでしょう。国の最高権力者が、地位と引き換えに忠誠を求め、追及しないよう望んだのであれば、直接の命令でなくても、それは聞いた側の「忖度(そんたく)」の範ちゅうを超えて、大統領が圧力をかけたことにならないでしょうか。

大統領は帝国の「国王」ではない

 確かに、今回の証言で大統領の弾劾に値する「反逆罪、収賄罪、その他の重罪や軽罪」の証拠が出てきたわけではありません。しかし、重要なポイントはそこではないでしょう。重要なのは、トランプ氏が大統領としての資質を欠いている、民主主義を理解していないということが、今一度明らかになったことです。

 大統領は、有権者から権限を与えられ(mandate=負託)、国民のためにさまざまな課題(agenda)を処理、実現する義務を負っています。そして、民主主義の中で、行政府と司法府(および立法府)の独立は不可欠な要素と言えるのです。

 しかし、トランプ大統領は、ビジネスマン時代と同じ意識で、「トランプ帝国」の国王であり、全てが自分の思い通りになると考えているように見受けられます。トランプ大統領が権力濫用や司法妨害で弾劾されないとしても、このままでは政権内部や議会の支持を失い、早急にレームダック(死に体)化しかねません。

(株式会社マネースクウェア・ジャパン チーフエコノミスト 西田明弘)