ヨ・ジング、大学生らしい爽やかなグラビアを公開…さまざまな姿で魔性の魅力をアピール

写真拡大 (全3枚)

「代立軍」主演ヨ・ジングの「大学明日」のカバーグラビアが公開された。

「代立軍」は1592年の壬辰倭乱(文禄の役の朝鮮側からの呼称) 当時、播遷(王が都城を離れて避難すること) した王・宣祖(ソンジョ) に代わって、臨時朝鮮分朝を率いることになった世子(王の跡継ぎ) 光海(クァンへ) と、生存のために他人の軍役を代わりに行った代立軍が、残酷な戦争に対抗して運命を共に分かち合う物語を描いた作品だ。

「代立軍」で、王の代わりに朝鮮に残された世子・光海役を演じたヨ・ジングの率直な表情が、視線を集める。キャンドルを持っている姿が映画中、新しい国に対する希望を代弁しているような雰囲気で、共感を引き出す。黒い衣装を着たヨ・ジングが、黒い王冠を後ろにして前を見つめている姿は、王冠を持っている王、映画中の光海が感じた王の重さを感じさせる。

またヨ・ジングは、風船ガムを膨らましているお茶目な姿から、パーカー、ピケシャツをマッチさせ、大学生になったばかりのフレッシュさと若さをアピールした。

ヨ・ジングが出演する「代立軍」は、韓国で最近公開された。