GoogleがAndroidアップデートページを更新し、Nexus端末とPixel端末の電話およびオンラインによるサポート終了時期を明らかにしました。

発売後たった3年でサポート終了!?

すべてのスマートフォンやタブレットが、いずれはメーカーのサポート対象から外されます。それ自体は当然のことであり、Googleがサポート終了時期を明確にしているのはむしろ良心的と言えるでしょう。
 
しかしここで少々気になるのが、セキュリティアップデート、および電話とオンラインでのサポートについては発売後3年または購入後18ヵ月(どちらか長い方)、Androidバージョンアップデートについては端末発売後2年しか、アップデートとサポートが保証されないということです。

「ひどすぎる」との声も


 
たとえばGoogleが、昨年10月に発売したスマートフォン「Pixel」「Pixel XL」の場合、Androidのアップデートが保証されるのは2018年10月まで、セキュリティアップデートと電話およびオンラインでのサポートが受けられるのは2019年10月までとなります。
 
この事実を紹介した9to5Googleには現在2つのコメントが寄せられており、usmc1973氏は、

ひどすぎる。Appleが発売後2年しかiPhoneをアップデートしなかったらどうなるか、想像してほしい。iOS11がリリースされる時には、iPhone5sは発売後5年になるが、それでもアップデートできる。Microsoftがコンピューターのアップデートを2年でストップしたらどうする?800ドルもするデバイスを売っているんだから、Googleはもっと努力すべきだ。ハードウェアを無駄にしているだけでなく、デバイスの価値も支払ったお金のわずか数分の1まで落としてしまっている。

と書き込んでいます。

 
 
Source:Google via 9to5Google
(lunatic)