ドイツの首都ベルリンのズートクロイツ駅(2011年3月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドイツで今夏、顔認識ソフトウエアが首都ベルリン(Berlin)のズートクロイツ(Suedkreuz)駅で試験的に導入される。トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)内相が10日、明らかにした。警察によるテロ容疑者の特定や追跡捜査の迅速化に役立つものと見込まれている。

 独日刊紙ターゲスシュピーゲル(Tagesspiegel)電子版に掲載されたデメジエール内相のインタビューによると、顔認証ソフトの実証実験はボランティアを対象に行われ、成功すれば導入地点を拡大し犯罪捜査にも活用していく方針。

 ターゲスシュピーゲル紙は、顔認証ソフトを用いる対象は特定の犯罪容疑者に限られることから捜査対象に含まれない一般市民の人権を侵害することはなく、導入にあたって法的な障害はないとしている。

 昨年夏以降、ドイツではテロとみられる襲撃事件が相次いでいる。12月にはベルリンで、チュニジア人の男がトラックを乗っ取り大勢の人々でにぎわうクリスマス市に突入し、12人が死亡する事件があった。容疑者の男はバスで逃走し、鉄道に乗り換えて複数の国境を越えた後、伊ミラノ(Milan)の駅で警察に射殺された。
【翻訳編集】AFPBB News