少女時代 テヨン、香港コンサートの開始時間が遅れる「英テロの影響によるセキュリティ強化のため」

写真拡大

少女時代のテヨンが10日、香港でソロコンサート「PERSONA in HONG KONG」を開催した中、香港現地のマスコミは公演のセキュリティ状況に注目した。

10日、香港Apple Dailyの報道によると、この日の公演は午後7時(現地時間) にスタートする予定だったが、セキュリティ強化による入場遅延で20分ほど遅れて始まったと報道した。

Apple Dailyによると、テヨンの公演が開催された香港アジアワールドエキスポホール側は、イギリスで歌手アリアナ・グランデのコンサート会場でテロ事件が起きた後であるだけに、会場のセキュリティをさらに厳しく強化した。セキュリティ人員の強化及び観客入場前の所持品検査、金属探知機通過などにさらに注意を払った。カメラやビデオカメラはもちろん、セルフショット撮影機器の持参も禁じられ、現場には危険物探知犬も登場した。

この日、テヨンのコンサートは無事に行われた。観客が客席を埋め尽くし、テヨンは清々しい歌唱力でソロアルバム曲のステージを披露し、ファンの拍手を浴びた。テヨンは本日(11日)、香港でもう一度コンサートを行う。

先月22日、イギリスのマンチェスターで行われた歌手アリアナ・グランデのコンサート会場で自爆テロが発生し、22人が死亡した。

【PHOTO】少女時代 テヨン、コンサートのため香港へ出国“キュートな笑顔”