サルマ・ハエック、大統領のお誘いを断った過去も

写真拡大

メキシコ出身の女優サルマ・ハエックは、以前よりドナルド・トランプ氏をひどく嫌っていた。大統領選前には彼の浅い知識を批判し「簡単な米歴史本を読んだ方が良い」とコメント、さらにトランプ氏の著書内容に触れ「1年生のときに、音楽の先生を殴ったんですって。先生を無知だと思ったからよ」「こうも書いてあった。今も当時と変わっていないってね。私も同感よ。1年生のイジメっこが、アメリカの大統領選に出馬したってことよ」とバッサリ。そのトランプ氏が今年大統領に就任したが、今のアメリカをサルマはどう評価しているのか。

このほどサルマ・ハエックがメキシコ移民を演じた映画『Beatriz at Dinner(原題)』の上映会に登場し、現在のアメリカにつきこのように語った。

「アメリカが、政治的にこれほど分裂したことはなかったわ。」
「今のアメリカは、ちょっとしたコメディみたいじゃない? “間違いの喜劇”って感じの時もある。でもほとんどブラックコメディって感じよ。今の政治情勢は、まさにそれね。」

そんなサルマは何年か前、トランプ大統領に「デートに誘われた」という。大統領選挙前にはラジオインタビューに応じ、このように語っていた。

「トランプ氏に出会ったとき、私には恋人がいたの。なのにトランプ氏は、私の自宅の電話番号を手に入れようと私の恋人の友人になろうとしたわ。そして番号をゲットし、誘いの電話をかけてきたのよ。」
「だからこう言ったわ。恋人がいなくても、あなたとはデートしませんって。」

「その後、“誰か”がタブロイド紙に話を売ったのよ。彼が私とデートしないのは、私の背が低すぎるからだってね。」
「すると彼が電話をかけてきてこんなメッセージを残したわ。『こんな話、信じられるかい?』『誰がこんな話を?』『人が君のことをこんな風に誤解するのは嫌だ』ってね。」

「噂がウソだと証明するために、サルマもデートの誘いに応じるだろう」―トランプ氏はそう考えたに違いないというサルマだが、真相は不明だ。だが彼女がトランプ大統領を嫌い、その強引なやり方を「間違えている」と考えていることは間違いない。同じく役者のロバート・デ・ニーロも「トランプはアメリカ大統領の地位に傷をつけた」と発言し、同氏の品位や政策を厳しく批判している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)