日本代表の本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 13日のロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に向け、試合開催地のイラン・テヘランで練習を続ける日本代表。過酷な暑さとも戦わねばならないうえ、負傷者続出にも悩まされている。ここで重要な役割を果たすのが本田圭佑だ。試合当日に31歳の誕生日を迎える背番号4は、定位置奪回へ相当な覚悟を胸に秘めている。(取材・文:元川悦子【テヘラン】)

------

イラク戦は炎天下。負傷者続出で危機感高まる

 2018年ロシアW杯アジア最終予選終盤戦の動向を大きく左右するイラク戦(テヘラン)が13日に迫ってきた。9日に現地入りした日本代表だが、7日のシリア戦(東京)で左肩を脱臼し離脱を余儀なくされた香川真司(ドルトムント)に続き、右すねを打撲した山口蛍(C大阪)が3日連続で練習を欠席。復帰のメドが立たない状況だ。

 長友佑都(インテル)も右足内転筋の痛みを訴えて9日の練習は途中でリタイア。10日は姿を見せたものの、別メニュー調整を強いられていて、イラク戦に向けて暗雲が立ち込めている。

 主力級に負傷者が続出し、危機感が日に日に高まる日本代表。彼らをより一層苦しめるのが猛暑だ。イラク戦は現地時間16時55分(日本時間21時25分)キックオフ。その時間の気温は9日、10日ともに35度前後で、湿度も10%強。今の日本とはかけ離れた気象条件である。日没も20時40分頃で、選手たちは1試合を通してまぶしい太陽が照りつける中でプレーしなければならない。

 決戦の地・パススタジアムのピッチ環境は改善が見られる模様だが、実際にプレーしてみなければわからないところがある。こうした悪条件を踏まえて臨機応変な戦い方ができなければ、すでにロシア行きの道が断たれているイラクに足元をすくわれかねない。

 だからこそ、チーム全体でどう戦うかという方向性を決め、意思統一を図ることが肝要だ。常日頃からデュエルと縦への速い攻めに強いこだわりを持つハリルホジッチ監督も「それだけではいけない」という危惧を抱いたのか、10日の練習開始時に選手たちと室内で30分近いディスカッションを実施。話し合いはヒートアップしたという。

「これだけ暑いんで、(試合の)中で話し合っていくことが必要。(環境を)体感しているのは選手。試合に入ってから監督に『どうするんですか』と聞く時間はないし、ハーフタイムまで待てないので、しっかり自分たちの中で修正していかないと。そう監督も言ったし、選手も意見を言ったんで、ポジティブな方向に進めるようにしないと。そこは経験ある人たちが率先してやるけど、僕らも意見を言えるように頑張っていきたい」と今回も右サイドバックで先発出場濃厚の酒井宏樹(マルセイユ)は神妙な面持ちで話していたが、今回は選手側の判断と積極的なアクションがいつも以上に強く求められてくる。

本田にめぐってきたチャンス。定位置奪回なるか

 チームを主にリードするのは、最年長の川島永嗣(メス)、負傷離脱中の長谷部誠に代わって腕章を巻くキャプテンの吉田麻也(サウサンプトン)、攻撃陣のリーダー・本田圭佑(ミラン)という代表経験豊富な3人になりそうだ。中でも最終予選4試合ぶりの先発復帰が有力視される本田には、特に大きな期待が寄せられる。

 昨年9月の最終予選初戦・UAE戦(埼玉)では自らオープニングゴールを挙げ、続くタイ戦(バンコク)とイラク戦(埼玉)では4-2-3-1の右FWでプレー。オーストラリア戦(メルボルン)では1トップに陣取って原口元気(ヘルタ)の先制点をアシストするなど、大黒柱として代表に君臨してきた背番号4。

 だが、11月以降は久保裕也(ヘント)の台頭でベンチを温めるようになる。全てはミランでの出場機会減少が招いたこと。今年1月の冬の移籍期間に新天地を見つけられていれば、3月のUAE戦(アルアイン)とタイ戦(埼玉)の2連戦からスタメン奪回の可能性もあったのだが、結果的にミラン残留を決断。この6月2連戦での地位回復は困難と見られていた。

 ところが、シリア戦で香川が負傷したことによって、本田への風向きは急激に変化している。7日のゲームの後半約30分間、右インサイドハーフで輝きを放ったことで「本田はやはり中で使うべき」という声が一気に高まったからだ。

「なんかサイドやってると自分が下手になっていってるんじゃないかと思う時があるんですよね(苦笑)。(外は)仕掛けたりとか、リスクを背負うプレーをするでしょ。今までの自分はそうじゃくて、いかに取られないかとか、いかに相手引き出して食いつかせてちょんちょんってやるかとか、ゲームメーク側だったから…」と昨年10月のオーストラリア戦後に本人も偽らざる本音を吐露したことがあったが、サイドとしての限界をどこかで感じていたのは確かだろう。

 ハリルホジッチ監督が久保や原口元気(ヘルタ)のような前への推進力とスピードを併せ持ったタイプを重用し始めてから、その思いはより一層、強まったに違いない。ロシアW杯というキャリアの集大成となる大会に向け、自分の生きる道を模索していた本田にとって、中盤のタレント不足という現状は自身の存在価値を示す千載一遇のチャンス。これを逃す手はない。

「僕のやるべきことは試合前、試合中も多い」(本田)

 実際、極めて過酷な環境下のイラク戦は、指揮官が目指す縦に速いサッカーばかりを追求しているわけにはいかない。その部分も本田にとっては追い風となるはずだ。

「(これだけ暑いと)攻守においてコントロールしないといけない。試合までのアプローチも非常に重要だし、ボールを持たれても『持たせてる』という意識を(相手に)持たせることが大事。監督は速攻みたいな形を作れと言うかもしれないですけど、それで自爆しないように、自分たちのペースで相手を走らせるような戦い方をする必要がある。そうなるともう精神論。駆け引きで勝たないといけない。それには経験が求められてくる。僕のやるべきことは試合前、試合中も多いと思います」と背番号4は仮に指揮官と意見が食い違ったとしても、自分たちが持つ本来のよさや強みを出していく覚悟でいるようだ。

 それがうまく機能すれば、本田圭佑自身が新たな可能性を示すと同時に、日本代表もこれまでと違った戦い方をオプションとして持てることになる。元々ハリルホジッチ監督が就任した際、霜田正浩前ナショナルチームダイレクターは「相手の出方や状況を見ながら臨機応変な戦い方を身に着けられるチーム作りを監督にお願いしている」と話していた。

 つまり、日本サッカー協会は縦一辺倒のサッカーを追求してほしいとボスニア人指揮官に依頼したわけではないのだ。それがいつの間にか「ボール支配率よりカウンター」という方向に偏っていき、戦い方が硬直化する嫌いがあった。今ここで軌道修正を図り、多彩なバリエーションを持って柔軟に戦える日本代表に脱皮できるのなら、まさに理想的。本田の中盤起用というのは、今後のチームの行方を左右すると言ってもいいほど非常に大きな意味を持つ。

 シリア戦と同じ4-3-3のインサイドハーフなのか、4-2-3-1のトップ下なのか不透明な部分があるものの、どちらに入っても本田にとってイラク戦は31歳のバースデーゲーム。節目の大一番で特別な存在感を発揮してくれるはずだ。

(取材・文:元川悦子【テヘラン】)

text by 元川悦子