出典:https://www.shutterstock.com

「どうせ結婚するならリッチマンと!」

優雅なセレブ生活を夢見て、そう思っている方も多いのではないでしょうか?

大きなダイヤの指輪にリッチなレストラン、自家用車はもちろん外車……。

たしかに憧れますよね。でも、お金を持っている男性が必ずしもステキな男性とは限りません。

今回は若くして年収1,000万以上を稼ぐ“ハズレエリート”の特徴を集めてみました。

 

■多忙で会えない

「合コンの時は仕事中に抜け出して参加したりするけど、付き合ってからはそうはいかないじゃん。だからあんまり会えないんだよね……。仕事も飲みも遊びも忙しいから1ヶ月会えないとかも自分の中ではフツーかな。」(某汐留広告マン/32歳/男性)

1ヶ月会えないって……遠距離恋愛並ですね。しかも仕事なら仕方ないけど、“飲みも遊びも”って!とツッコんだら、「飲みも遊びも仕事です」との回答が。

“業界的に仕方ない”で押し通そうとするのでしょうが、中には彼女との時間を大切にしている人だっていますよ!

 

■ブサメンなのにチャラい

「うちの会社の男子ってお金があるからブサイクでもかなり遊んでいる……。2股3股は当たり前。“社員バッチに女がついてくる”とか言って、調子に乗っているんだよね。」(某丸の内損保マン/28歳/女性)

ブサイクだから浮気していないだろう……と安心してはイケマセン。あなたが付き合おうとしたように他の女も彼を狙っているかも。

会社の力で急にモテだしたブサイクは歯止めが効きません。誘惑されればホイホイついていってしまいます。イケメンエリートの方がタチは悪くないのかもしれません。

 

■女を見下す

「職業につられてくる女達と本気で恋愛したいとは思わないでしょ。だから恋愛がくだらなく思えちゃうんだよね。今は来るもの拒まずで適当に遊んでいる。そのうち子供でもできたら、結婚すればいいかな……と。」(某国立大勤務医/33歳/男性)

恋愛がくだらないなんて……寂しい人ですね。そんな人とはいくらこちらが本気で想ってもいい関係は築けません。いくら職業が素敵でも女性を大切にできない男性には近づかないのが一番ですね。

 

■お金に厳しい

「大変な思いをして稼いでいるんだから、そこらの女の子に使ったりしたくないんだよね。お金目当てで近づかれるのはイヤだし……。だから俺は合コンで貯金ゼロっていつも言っている。なんなら職業までウソつくときあるし。」(弁護士/35歳/男性)

結婚しても妻に収入は教えないなんていう意見も多数。

本当の愛があれば自分の稼いだお金を相手に差し出すくらい訳ないはずでは……?

それを俺の物!と言っているあたり、幸せな家庭は築けなそう。高収入でなくても、通帳を預けてくれる男性の方がイイと思いますよ。

 

■ナルシスト

「前に付き合っていた商社マンがナルシストでドン引きだったよ。“帰国子女の俺、カッコイイでしょ?”みたいな。急に英語とか使ってきて気持ち悪かった。結婚すればセレブかも……と思ったけど、自分のことにしか興味ない感じで、愛されている感じがしなかったから別れたよ。」(某丸の内商社/29歳/女性)

急に英語。笑ってしまいますね。自信満々のナルシストと毎日生活を共にするとなると結構辛いものがあるのでは……。自慢を聞く代わりにお金を貰っていると割り切れないなら、そういう男性との結婚はやめておいた方が良さそうです。

 

出会えてラッキーとばかりに飛びつくのは危険。お金があっても、あなたを幸せにしてくれるとは限りません。

結婚に大切なことは他にもあるはず。お金に目がくらんで、冷静さを失うとイタイ目にあってしまいます。ぜひ、ご注意を……!

【画像】

※ Kiselev Andrey Valerevich/shutterstock

【関連記事】

※ バチェラーに聞く!エリート男子の「本命彼女」ってどんな子?

※ エリート男子との出会いの場で「してはいけない行動」3つ

※ 相武紗季に学ぶ!お金持ち男子をゲットする方法4つ

※ メンズエステ経営者が伝授!「お金持ち男子」の見極めポイント3つ

※ 目指せ玉の輿♡ハイスペック男子が実は彼女に望んでいること3つ