社会人としての経験が積みあがってくるアラサー女子。
責任のある仕事をふられたり、後輩ができて指導をしなければいけなかったり。いつまでも、フレッシュでかわいい新人女子! でいられない空気を感じた時に、参考にしていただきたいお仕事スタイルを提案します。
ずばり、欲しいのは“信頼”!

第一印象を“新人”“若手”からランクアップ!

人は見た目が○○%なんてちまたで言われていますが、パッと見た時に印象が決まってしまうのは事実のようです。仕事の中身で判断してよ〜……という気持ちが芽生えるものの、やはり第一印象も大切にしたいものですよね。
パッと見た時に、“新人”“若手”に見えないように、身なりや身のこなしを考え直してみてはいかがでしょうか。

ここぞ! のスーツを手に入れてみる?

社会人として、“こなれて”きたアラサーお仕事女子! お仕事での服装まで“こなれ”きってしまっていませんか? キレイ目は、女子としてはステキです。
しかしながら! 信頼される服装の基本は、やはり男性のスーツ姿と引けを取らない、スーツです。アラサー女子として、ここぞ! の仕事の時はきちんとしたスーツで向かうことを忘れてはいけません。すっと背筋が伸びそうな、ここぞ! の時用のスーツを探してみてはいかがでしょうか?
なお、新人の頃に着ていたリクルートスーツは、意を決して断捨離を!

アクセサリーの立ち位置を考える

男性のスーツ姿に引けを取らない、スーツ・スタイル! ……しかしながら、女性らしさを全て封じ込めるべき! という話ではありません。
アラサー女子だからこその、アクセサリーを身に着けてみるのはいかがでしょうか。アクセサリーを着けるのは、相手への敬意とも言います。
ただし、ジャラジャラと邪魔になってしまうのはNGです。例えば、ピアスやイヤリングは、揺れないものがフォーマルと言われています。

あたふたしない身のこなしはできてる?

仕事が忙しいとつい、バタバタしてしまったりしていませんか? 新人の頃は、「新人さんだもんな〜。余裕なくてあたふたしちゃうよね」と周りの人もこっそり大目に見てくれているものです。
アラサーの働き女子になると、周りの人の期待も大きいもの。ゆっくり相手の目を合わせながら話す、対応を丁寧にする、意識していきましょう! 当然、ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)も忘れてはいけません。
水面下ではバタ足をしているものの、白鳥は優雅に水面を滑っていきます。見える部分は優雅にいきましょう。

“信頼”してもらえるように、自分を変えたい! と思っても、一気にできるものではありません。時には形から入ってみてもいいと思います。参考にしてみてください!