中国EU商会がこのほど発表した調査報告書「商業信頼感調査2017年」によると、在中国の欧州連合の企業のうち半数以上が中国の投資環境に失望しているという。写真は上海。

写真拡大

中国EU商会がこのほど発表した調査報告書「商業信頼感調査2017年」によると、在中国の欧州連合(EU)企業のうち半数以上が中国の投資環境に失望しているという。これについて中国商務部の孫継文(スン・ジーウェン)報道官は8日に行われた記者会見で、「中国は一貫して欧州企業の対中投資を歓迎している。中国と欧州は経済発展レベルが異なり、1対1の対等な開放を単純に追求することはできず、カギは双方の利益が全体としてバランスがとれているかどうかにある」とコメントした。新華社が伝えた。

孫報道官は、「中国の外資誘致に対する開放的な態度は初めから終わりまでぶれることはない。中国の開放のドアが閉じられることは永久になく、ますます大きく開かれていくだろう」と強調した。

孫報道官はEU企業が中国の投資環境に対する厳しい見方をすることについて、「中国は一貫して欧州企業の対中投資を歓迎している。中国と欧州は経済発展レベルが異なり、産業構造が異なり、対外開放の重点や取り組みの強弱やリズムも何もかも異なり、開放の分野や程度を単純に比較したり、1対1の対等な開放を単純に追求したりすることはできず、カギは双方の利益が全体としてバランスがとれているかどうかにある」とコメントした。

注視されるのは、同報告書が在中国のEU企業の大多数が中国での業績が改善したことだ。回答した企業のうち、55%が16年の営業額が増加し、71%が16年の税引き前利益が過去最高だった11年の水準に近づき、51%が中国での経営規模を拡大する計画でこの割合は前年より4ポイント上昇し、55%が企業の成長見通しに楽観的な態度を示して同11ポイント上昇し、61%が企業のグローバル戦略における中国の位置づけがますます重要になっているとの見方を示した。

孫報道官は、「こうしたことからEU企業の対中投資への信頼感や収益状況は低下しておらず、それどころか明らかに上昇したことがわかる」と述べた。

実際、同部をはじめとする関連部門は開放の拡大と外資の積極的利用を目指して努力を続けてきた。たとえば外資系企業の投資管理体制改革の推進を加速させたり、外資の参入制限措置を大幅に削減したりしてきた。

孫報道官は、「商務部もこれから中国EU商会の報告書に示された意見と提言を真剣に検討し、タイミングをみて在中国の外資系企業と商業団体を招いて座談会を開き、コミュニケーションを強化し、関連部門と積極的に協力して報告書で指摘された合理的な問題の解決に努めたい」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)