コストコではさまざまなチーズが売られており、どれを買えばいいのか悩んでしまうという方、『KS ペコリノロマノ』はいかがでしょうか。一般的には「ペコリーノ・ロマーノ」という表記が多いかと思います。羊乳が原料で、2,000年以上の歴史があるとされる、ハードタイプのチーズです。ちなみに、コストコでも人気のパルミジャーノ・レッジャーノは牛乳から作られています。

ペコリーノ・ロマーノは保存食として作られた経緯もあり、塩味が濃いめ。なので、調味料として料理に入れることが多いんです。

コストコPB『KS ペコリノロマノ』194円 / 100g

おすすめ度 ★★★★★

『KS ペコリノロマノ』は、ホールの状態から切り出された三角柱のかたちで販売されています。KSはコストコのプライベートブランド、KIRKLAND SIGNATURE(カークランドシグネチャー)のこと。100gあたり194円で、1パッケージはだいたい600g。購入したものは税込価格1253円でした。

熟成期間は9カ月。ペコリーノ・ロマーノの熟成期間は8カ月〜1年とされていますので、ちょうどいい感じですね。

サイズは? ボリュームは?

ざっくり測って半径15僂如円周部分は13冂度。高さは4.5cmでした。重量は598gです。

原材料は?

原材料は以下の通り。生めん羊乳とは、「ヒツジから絞った状態の生の乳」のこと。原産国はもちろんイタリア。

【原材料】生めん羊乳、食塩

塩味がピリッ! 独特の香りとコクが癖になる

開封した瞬間から立ちのぼってくる、濃厚なミルクの香り。牛乳とはまた違った、羊乳ならではの個性があります。慣れると、においだけで口の中に唾液が溜まる……!

そして、表面はしっとりと濡れた感じ。このようにホエーがにじみ出ている状態がペコリーノ・ロマーノの食べごろ。

スライスしてみると、ハードタイプとしては比較的柔らかめ。ナイフでさくっと切り取れます。では、一切れ……ピリッと塩辛いなかに、コクがあってうまみが深い! これはワインが進んでしまう味ですね。

イタリアでは、そら豆といっしょにペコリーノ・ロマーノを食べたりするそう。そら豆じゃなくても、たとえば食塩無添加のミックスビーンズなんかに削りかけてみてもOK。塩味とコクが加わって非常にナイスな味わいに。さらに塩味を効かせたいなら、ペコリーノ・ロマーノを1センチ角のキューブ状にして混ぜ合わせてもいいかも。

また、「本格的なカルボナーラを作るならペコリーノ・ロマーノは必須!」という話もよく聞きます。確かに、この濃厚な羊乳の香り&塩気&うまみがカルボナーラにベストマッチするはず。ほかにも、ラムステーキに振りかけてもおいしいと思いますよ!