韓国メディアが済州への厳罰に猛反論 「処罰の基準が曖昧」とAFC裁定を批判

写真拡大

ACL浦和戦での乱闘騒動で3選手に処分も「疑問だけが残る」

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ戦で、前代未聞の蛮行に出た済州ユナイテッド(韓国)と選手に、アジアサッカー連盟(AFC)から厳罰が下された。

 後半に警告2枚を受けて退場しながら、試合後の乱闘騒ぎで主審に危害を加えたDFチョ・ヨンヒョンに、最も重い6カ月の資格停止処分が下されるなど、暴行事件の主犯格3選手がペナルティーを受けたが、韓国メディアは過去のACLにおける暴行事件で出場停止6試合に止まった例を挙げて「基準が曖昧だ」と主張。AFCに対して処分軽減を求める論調を展開している。

 5月31日に行われたACLラウンド16の浦和との第2戦で、済州は3失点を喫して2戦合計2-3と逆転負け。数々の暴力行為を働いたことで3人の退場者を出すなど、その蛮行は世界各国のメディアからの非難を浴びた。

 AFCから最も重い処分を受けることになったのは、後半36分に2枚目のイエローカードを受けて退場となりながら、試合後にピッチに戻って乱闘騒ぎに加わり主審に危害を加えたチョ・ヨンヒョンで、6カ月間の資格停止と制裁金2万ドル(約220万円)。浦和MF阿部勇樹に対してジャンピングエルボーを見舞い、騒動の発端となった控えDFペク・ドンギュは3カ月間の資格停止と制裁金1万5000ドル(約165万円)、浦和DF槙野智章を追いかけ回すなどしたDFクォン・ハンジンには、2試合出場停止と制裁金1000ドル(約11万円)の処分となる。また、済州に対しては、4万ドル(約440万円)の制裁金が科されることになった。

 そうしたなか韓国紙「スポーツワールド」では、過去に韓国選手の加わったACLの乱闘事件を引き合いに処分軽減をアピールしている。

2015年ACLでの“ナム・テヒ暴行事件”では…

「この事件に重なるシーンがあった。それは2015年のACLで起きたナム・テヒ暴行事件だ」

 カタールのレフウィヤでプレーする韓国代表FWナム・テヒは、アル・ナスル戦で相手のウルグアイ人MFファビアン・エストヤノフと試合中からお互いイエローカードを受けるほど興奮状態だったという。そして、試合後にナム・テヒが相手に殴られる事件があったというが、その時のエストヤノフは6試合の出場停止処分だった。

「処罰の基準はなんなのか。疑問だけが残る」と同紙は主張し、6カ月の出場停止処分を受けたチョ・ヨンヒョンも「そもそも退場ではなかった」と強弁。試合中にフィールドに乱入して衝撃の肘打ちを行ったペク・ドンギュら済州選手の処分軽減を求めるという強気な論調を、韓国メディアは展開している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images