日本代表の東口順昭【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は10日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてテヘランで練習を行った。日本代表に招集されているGK東口順昭が取材に答えている。

 まず、ミーティングで監督が強調していることについて「わからない。強調というよりもまんべんなく。この間のように、守備がはまらなかったのは確かだし、そこは修正を。守備のことだけを言っているわけではないし、攻撃のところも「こういうところにいてほしい」とか「こういうところに出してほしい」とか、どんどん今日あたりから絞り込んでいくと思う。まだまだ、特別強調ということはなかったですね」と答えた。

 山口蛍が出場微妙な状況になったが「やりかたは変わらないと思います。「蛍がいないから、ここは行かへん」とかいうのはないと思う。誰が出ても「ここは行く」というのはしっかり持っている監督やと思う」と語り、上手く切り抜けるとの考えを示した。

 一方で、テヘランの環境に関しては「(ネット環境)ライン以外は厳しい。検索くらいはできるけど、Youtubeが見れないのが厳しい。時間つぶせないので、どうしようかなと(笑)」と、暇つぶしに苦労していることを明かした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部