新生児にも使える肌にやさしい入浴液

写真拡大

バスクリン(東京都千代田区)は、「拭く」「浸かる」「洗う」をこれ1本でケアする香料無添加の「薬用入浴液」を2017年6月12日に発売する。

低刺激性、弱酸性

おむつかぶれの予防や、乾燥性しっしん・ただれなどを防止して肌を整える効能効果を持ち、新生児にも使用可能な薬用の入浴液。

有効成分(ピリドキシン塩酸塩、ビタミンB6、殺菌成分)が入浴効果を高め乳幼児のあせもや乾燥性しっしん、おむつかぶれを防ぐ。また、うるおい成分(べにふうき茶エキス、オーガニックホホバオイル、甘草エキス、天然ビタミンE、ラベンダー油)が肌にうるおいを与えてくれるという。香料・着色料・アルコールは無添加(ほのかな香りは天然植物成分によるもの)。低刺激性、弱酸性で、淡い乳白色の湯が特長だ。

通信販売(フリーダイヤル、ファックス、インターネット)限定で取り扱う。

内容量1500ミリリットル、価格は通常購入4104円(税込)、定期購入3180円(同)。