熱愛報道も好感度さらにアップ(おばたのツイッターより)

写真拡大

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、小栗旬似芸人と熱愛のフジ山崎アナに見る、女子アナの最新恋愛事情について考察。

 * * *
「ちょっとぉ、山崎が好きなのは俺かと思ってたのに〜全然、違ったな。へ〜、芸人さんなんだね〜」

 6月7日、『バイキング』(フジテレビ系)終了後の坂上忍と、8日発売の『女性セブン』合併号掲載の対談をしていたときのこと。編集担当者が同局の「山崎パン」こと山崎夕貴アナと、お笑い芸人、おばたのお兄さんの“誕生日お泊り愛”を掲載した同誌の早刷りを坂上に見せたときのリアクションである。

「僕なんか、山崎のお母さんともゴハン食べたことあるんですから。ええ、いいお母さんでしたよ。そして、山崎もホントにいい子。バラエティ出させていただくようになって、いちばんやりやすいですから。頭がいいんです。でも、フツーの子。幸せになってほしいですね。まだまだこれからの芸人さんですよね。山崎らしいじゃないですか。でも、あんだけクソ忙しいのに元気いいな〜」と、山崎アナの人柄や仕事ぶりを絶賛しつつ、“幸せ”を願っていた。

 翌日、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)出演のため、同局のエレベーターに乗り込むと、MCの東野幸治と一緒になった。東野は、山崎アナが「ものまね番組で以前から面白いと思っていました」(『女性セブン』発売日の、『ノンストップ!』でのコメント)と言っていた『ものまね王座決定戦』のMCでもある。私が「山崎パンが…」と言うと、「あぁ、出てましたねぇ。いいことじゃないですか? でもまだ4年目でしょ? いくらも貰ってないと思うんですけどねぇ」と、芸歴4年の“後輩”と、高収入な女子アナの“格差愛”に、やや心配そうな表情を浮かべていた。

 山崎夕貴アナは2010年に入社後、同局の“パンアナ”に選ばれ、翌年からは『めざましテレビ』で軽部真一アナと共にエンタメコーナーを担当。さらにその翌年からは、『とくダネ!』に続く平日の帯番組『ノンストップ!』のアシスタントに抜擢される。

 MCのバナナマン設楽統たっての希望で、同番組のコメンテーター席には芸人が数多く座っているのだが、そうした座組を大らかに仕切る姿が視聴者にウケ、カトパンこと加藤綾子アナが退社してからは、同局でもっとも忙しく、人気も高い女子アナへと成長している。

『ワイドナショー』では件の東野幸治やダウンタウンの松本人志と共演。不定期だが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』では、彼らの“おもちゃ”だった高橋真麻アナの退社後、指名を受けるように。同局が社運を賭けてスタートした『フルタチさん』で古館伊知郎の隣に座るのも山崎夕貴アナである。

 度々ネタにされる中学時代の写真は、眼鏡をかけ、とてもじゃないが「かわいい」とは言えない一枚。だが、当時の担任の先生も「どんどん垢抜けていった」と認めるほどチャーミングなルックスになっていくも、本人は「キャラ立ちアナ」と自認。「後輩が増えてきてもオチに使われる」ことを「へっちゃらです」と笑い飛ばす。芸人を始めとする共演者や男性スタッフから好かれる理由は、こうした男前な一面からだろう。

 アーティストへの取材でも、スタートがかかった瞬間から、“何か”をやる山崎アナ。私がもっとも覚えているのは、3年前、シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演『ダイハツ オーヴォ』の衣装を着て、這いつくばりながらステージに上がり、インタビューをしたこと。さらに、Kis-My-Ft2へのインタビューの際は、扉が開いた途端、『SHE!HER!HER!』を振り付きで歌いながら、彼らがいる席まで歩いて来た。途中、全く照れもせず、キスマイがリアクションするまでやり続ける山崎アナに、メンバーは「なんて、いい人なんだ」という感想を漏らしていた。

『女性セブン』が発売された日の『ノンストップ!』で、「まぁ、そういうカンジですね。周りも喜んでくれて…、身内にはこれから話します」と堂々と交際を認めた山崎アナ。

 それに対し、仕事先で取材に応じた彼=おばたのお兄さんは、「びっくりしました。彼女に迷惑がかかるのを心配していたのに、すごく“男前”だと思いました」と本当に驚いた様子だったという。さらに「お肉を食べたいときでも『吉野家』の牛丼でいいという素朴なところ」と山崎アナの魅力を話した。

 こんなに好感度が上がっていいのかというぐらいに、また好感度がアップした山崎夕貴アナ。同局では、さまぁ〜ずの大竹一樹と交際時、親御さんの大反対に遭い、一時は破局説が出るも無事ゴールイン。現在はママアナとして『ノンストップ!』で料理コーナーを担当している中村仁美アナ。そして、陣内智則と婚約が調った松村未央アナという“先達”たちがいる。

 つまり、このままもしも、山崎アナがおばたのお兄さんと結婚したら、“芸人妻”の女子アナ、3人目となるワケだ。

 かつて、「全種目を制覇するつもりなのか」とスポーツ紙の運動部記者が半ば呆れるほど、トップアスリートとの結婚が多かったフジテレビの女子アナたち。

 フジテレビだけに限らないが、それより前は、高学歴、高年収、高身長の、いわゆる「3高」を絵に描いたような男性を結婚相手に選ぶ女子アナが多かったものである。

 余談だが、バブルがはじけた頃、私は「これからは『3低』の時代がくるのかも」とコラムに書いたことがある。江角マキコさんが武田真治と交際をしていた頃のことで、江角さんから見て当時の武田くんは知名度も年収も身長も「低」かったのである。

 果たして、いまは「4低の時代」だというオリックス生命保険の調査を、逆身長差カップルの恋を描いた6月17日全国公開される仏映画『おとなの恋の測り方』を例に解説していたのは『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)だ。

 4低とは、低姿勢、低依存、低リスク、そして低燃費=趣味などにお金を使いすぎない男性が理想とされるそうだ。ちなみに、同じくトレンドといわれる「3強」は、「生活」「不景気」「身体」の3つに強いこと。これも“時代”というべきなのだろう。

 果たして、“男前”な山崎夕貴アナにとって、おばたのお兄さんは、“○低”なのか。“○強”なのか? そして、フジテレビアナウンス室において、いきなり多数派となった“芸人妻”は、今後さらに増えるのか否か?

『さんまの向上委員会』で、イケメンの“モニター横芸人”バッドナイス常田をお気に入りの久代萌美アナの動向も見守っていきたいと思う。