冷たい食べ物の注意点。夏だから知っておきたい「冷えを促す効果」とは

写真拡大 (全5枚)

本格的な夏の到来まであとわずかとなりました。暑い夏は食欲が減退し、つい冷たい食べ物ばかりを選んでしまいがちです。しかし、冷たい食べ物で体を冷やすことは、体にどんな影響があるのでしょうか。今回は、冷たい食べ物を食べる上での注意点と、上手に取り入れる方法をご紹介します。

実は冷えている夏の体

体が火照る夏は、普段よりも冷たいものを摂る機会が多くなると思います。

良く冷えたお茶やジュース、アイスなどに自然と手が伸びてしまいがちです。

しかし、これらを取り過ぎることにより、体とは裏腹に実は冷えてしまうのが内臓です。

内臓が冷えてしまうことで、体にはあらゆる弊害が出てきます。

参考:ウェルラボ

 

内臓の冷えが原因で起こること

内臓の温度は、37.2度〜38度が望ましいと言われています。

内臓がこの温度を下回ってしまうと、体にあらゆる不調を引き起こします。

 

内臓の冷えで起こりやすい機能の低下

血流が悪くなる免疫力が低くなる基礎代謝が落ちる消化機能の不良肝機能の低下

こうした機能低下が原因で痩せにくくなったり、下痢や便秘になりやすくなります。

また、肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

さらに、免疫力の低下から、ちょっとしたことでも風邪をひきやすくなり、常に体が疲れているような状態になります。

参考:女性の美学

 

体を冷やさない「冷たい食べ物」

本来であれば、夏でも体を温める食材を摂ることが内臓にとっては良いと言えます。

しかし、食欲がない夏に温かい食べ物は食べづらいものです。

そこで、冷たい食べ物でも体が温まる次の食事をおすすめします。

 

お蕎麦

お蕎麦には、体を温める効果が期待できます。

暑い夏でも冷たいお蕎麦ならさっぱりと頂けるので、食欲がないときにもおすすめです。

 

うどん

体を温める効果が期待できるのはお蕎麦ですが、うどんはトッピングや調味料で工夫が出来ます。

しょうがをすりおろしてたっぷりと乗せて頂くのも効果的です。

 

暑い夏でも、冷たい食べ物の摂り過ぎで内臓は意外にも冷えています。

冷たい食べ物でも、使う食材にちょっとした工夫をすることで「冷え」を回避できますよ。

できれば冷たい飲み物もなるべく避けて、常温で飲むようにしましょう。

体調を万全に整えた状態で、夏もアクティブに過ごしたいですね。