槙野智章【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は10日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてテヘランで練習を行った。

 シリアとの親善試合では出番のなかった槙野智章だが、集中は切らしていない。

「自分が出る準備をちゃんとしておかないといけない。それがプロ選手としての宿命だと思いますし、与えられた時間と与えられたポジションで与えられた時に自分の力を発揮するのがプロ選手であり、代表選手だと思う。ただチームは今、ケガ人も多いですし、一丸になってやらないといけないと思っている」

 今シリーズもキャプテンの長谷部誠が不在だが、槙野は「やっぱり一人ひとりがキャプテンのつもりで、引っ張る気持ちを持ってやらないとやらない」と話す。そして「今は逆に試されていると思うし、残っている選手にはチャンスだと思うし、そういう気持ちを一人ひとりが持つことが大事だと思う」と力を込めた。

 シリア戦では昌子源がスタメン出場した。このライバルについて「非常にアグレッシブで、DFとして非常にいい選手。僕も負けていられない」と対抗心を見せた。しかし、こうも語っている。

「ただ代わりっていう立場でやるつもりはない。多くの選手から僕も学んで刺激をもらっている。いつまで経っても刺激をもらっている立場じゃなくて、与える立場にもならないといけない。ただ、そういうポジション争いに自分が勝っていくためには、1回1回の練習と試合、与えられた時間で結果を残さないといけないと思っている」

 イラク戦でチャンスを得られれば、槙野はハリルジャパンの勝利のために全力を出し切るだろう。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部