Appleは、WWDC 17の基調講演全編の動画をYouTubeで公開しました。このほか、ダウンロードして視聴できるPodcast版も提供されています。また、時間がない方のためのダイジェスト版を米メディアが公開していますので、あわせてご紹介します。

盛りだくさんだったWWDC 17の基調講演

WWDC 17の基調講演では、iOS11、macOS High Sierraといったソフトウェアのほか、10.5/12.9インチのiPad Pro、iMacやMacBookシリーズのリニューアル、ハイスペックなiMac Pro、そしてSiri搭載スピーカーのHomePodなど、ソフト、ハードともに注目の発表が盛りだくさんでした。
 
基調講演は日本では6月6日の午前2時から4時過ぎと、ライブ中継で見るには厳しい時間帯でしたが、YouTubeならゆっくり視聴できます。
 
Appleが公開した、オープニングから最後までの動画は、長さが約2時間19分となっています。
 

動画をダウンロード・保存できるPodcast版も

また、iPhoneなどにダウンロードしておいて移動時間にじっくり観たい、という方には、AppleがPodcast「Apple Keynotes」で配信している動画を利用するのが良いでしょう。
 

 
通常画質版で1.26GB、HD画質版だと4.47GBというサイズなので、ダウンロード先の端末の空き容量を確認して、Wi-Fi環境でダウンロードしましょう。

時間がない方のためのダイジェスト版も

2時間以上の動画を観る時間はない!という方のために、各メディアがダイジェスト版を配信しています。
 
米メディアMacRumorsは、WWDC 17の基調講演を約7分にまとめたダイジェスト版を配信しています。
 

 
 
Source:YouTube (Apple, MacRumors)
(hato)