青森県八戸出身の東北美人だが、海が好きすぎていつも小麦色。均整のと取れたプロポーションと色気で注目のグラビアアイドル西島ミライのファーストDVD『ミライ日記』(イーネット・フロンティア)がリリースされた。

「まだ実感が沸かないような気持ちで、でも嬉しいです。恥ずかしかったですけど、頑張ってみました。自分で観ていて自分の緊張感が伝わってきました。」と初めてのイメージDVDに嬉しさと戸惑いが交差した気持ちを吐露。それもそのはず、ファーストにしては水着も衣装も過激。28歳と言う遅咲きデビューと言う事で、すでに大人の香りがムンムンの”いいオンナ”。ビキニは小さめ、変形水着のハイレグ角度は限界、おっぱいマッサージもあれば、デビュー作から縛られて目隠しされての氷プレーも収録。イケないおねえさんぶりを発揮している。「ビーチのシーンでも若さ弾ける”きゃぴきゃぴ”した感じよりは、夕景の中で大人の女性のしっとりっした感じのシーンが多いです。」と話し、「車内のシーンで、私がOLで上司の言う事を聞くっていう、主従関係のシーンがあるんですけど、その設定がエロいかな。」とアピールした。

西島のウリは小麦色の肌と”神間”。谷間ではないのだが、水着など何も着てない状態で、タオルや、カーディガン、タンクトップを羽織った時に見える、自然にできる胸のセンターラインの綺麗さが話題となり、ファンによって”神間”と名付けられた。今作でもジャケット写真になっている、グレーのキャミソールから見えるのが”神間”、次作以降はもっとアピールしていきたいと語った。

28歳でDVDデビューの西島だが、横浜市立大学を卒業後不動産会社で務めるも、海好きが高じて、八丈島で半年間バスガイドになったという経歴の持ち主、2年前からモデル活動をしており、今回ファーストDVDでグラドル界にデビューした。「アイドルのようにフレッシュ!というよりかは、壇蜜さんのような知的でセクシーなおねえさんを目指したいです。」と笑顔を見せた。

”くびれスト”で絶景ボディラインで大人気の川崎あやと同じ事務所の西島。川崎から「同じ事務所の西島ミライちゃんがファーストDVDの発売記念イベントです🐸💓最初ってすごく肝心だし、緊張とか不安も大きいと思うので皆さんぜひ駆け付けてあげて欲しいです🙏✨💓携帯カメラでの撮影もOKらしいのでカメラないって方も💓」と前日にtwitterで激励、西島もそれを受けて「あやちゃん😂💓ありがとうございます!!✨本当に優しいあやちゃん💓不安と緊張でいっぱいだけど、頑張ってきます!」と応え、今日の初イベントに臨んだ。

160cm B80-W58-H82のモデル級プロポーションは、川崎あやを彷彿とさせる美BODY、”きれいでちょっとエッチなミライおねえさん”の今後の活躍に大いに期待したい。