「AKB48 49th シングル選抜総選挙」を直前に控えているNMB48メンバーたち。今年は、絶対的な存在である山本彩が不参加となるだけに、各メンバーがどんな気持ちで選挙を迎えるのか?NMB48を追い続ける当サイトでは、ランクインも圏外も経験をしている加藤夕夏に話を聞いた。速報では11位と大健闘をした加藤。このインタビューは速報発表直前のものになる。


-加藤さんは、第7回で59位とランクインしましたが、第8回では84位(※後日発表)。実際の開票では80位以下が会場で発表されなかったので、事実上は圏外という結果でした。

加藤
そうですね、去年は目標がスゴく高かったので、圏外だった時はもう悔しいというか、恥ずかしいというか、ファンのみなさんにごめんなさいという気持ちでいっぱいでした。目標にしていた順位が呼び上げられるのを過ぎると、もう自分は呼ばれないんだな…となんとなく分かるんです。それからは、ステージの上で自分を保つのに精一杯でした。

-ランクインも圏外も経験しています。差は大きいですか?

加藤
見える世界が違います、世界が輝かしく見えます。呼ばれへん時って、呼ばれた時と違って、寒く感じて…。

-精神的に追い込まれると、寒さも厳しく感じますよね。

加藤
めっちゃ厳しいです!いつの年かスタッフさんが用意してくれたひざ掛けもいらん!って受け取らなかったんです、意地になって。まあ、でも、最終的には全員に強制的に配られて受け取っちゃったんですが(笑)。

-確かに総選挙では、圏外のメンバーは第一位が呼ばれるまで、原則は裏に下がることはないですもんね。

加藤
そう、ずっとファンのみなさんに見られている状態で…。去年はスゴく泣きました。でも、去年は沖田彩華さんとか、岸野里香さんとか初ランクインメンバーもいたので、みんなの前では泣かずに、トイレに篭ってずっと泣いていました。泣いた後に気づいたんですけど、私と同じくファンのみなさんも悲しんで、苦しい想いをしたと思ったんです。だから、握手会などで会えたときには、絶対に「ごめんなさい」って言わないで、「ありがとう」って言おうって決めたんです。

-しかし、最終的には後日に100位まで発表されたことで、加藤さんは84位だったことがわかりました。

加藤
あとちょっとだったって言う悔しさと、84位という結果でも数字にキチンと出たことで、ファンのみなさんと共有出来て勝ち取った順位なので嬉しいという気持ちがわいてきました。気持ちが凄く軽くなったのを覚えてます。

-総選挙後に「同時開催コンサートin横浜」として開催された神奈川県民ホールでの「来年こそランクインするぞ決起集会」に加藤さんは参加しました。

加藤
このライブで、わたしの順位がわかったのですが、『ありがとう』という楽曲でセリフを任されたんです。あれ、なんでやろ?急に「加藤にやって欲しいっていうてるで」と言われて、えー、なに言ったらええんやろと、本番前にしっかり確認して自分の気持ちを言わせてもらって。自分ではこのセリフを任されたのも、ランクインはしなかったけど腐らずにリハーサルとか一生懸命やっていたから見ていてくれたんかな?と感じましてやる気が出ました。

-今年は自信のほうが大きい?

加藤
今年は、去年のことを思うと不安要素しか無いんですけど…彩(山本)さんとか楓子(矢倉)さんとかいなくて、NMB48がまたランクイン少ないと言われたくないし、NMB48も盛り上げていかないと…彩さんの力に頼ってばっかりだったじゃないですか。その彩さんが出ない総選挙で、どこまでNMB48がやっていけるのか?誰が前に行けるのか?って時に、自分も前に行きたいし、絶対にランクインしないといけないという気持ちです、今年は。

-山本彩さんがいないのは影響しますか?

加藤
彩さんがいるから「オッシ頑張っていこうぜ!」ってNMB48のメンバー皆が思えるような大きな存在だし、自分が入って無くても彩さんが上位にいたら「キャプテンさすがやな!」って誇らしくて…でも、そんな彩さんがいないから、自分たちが引っ張っていかなければいけないぞって気持ちですね。

-出馬しないってことは、会場にもいない可能性は大ですからね。

加藤
そうなんですよー。

-山本さんがいなくてもまとめてくれそうなメンバーは?

加藤
1期生の吉田朱里ちゃんとか1歳しか上ではないんですけど、お仕事のことを色々と教えてくれて、スゴく心強い存在です。

-その1期生も出馬は4人だけです。

加藤
心細いですね…いままで目標にしてきた人達がいなくなっているので。あと、同期の薮下柊ちゃんも卒業したし、その分も頑張らなあかんと思います。ほんまにおっきい存在が今回でないので、でも、その分後輩たちが前に出るチャンスでもあるので頑張ります。

-選挙の裏側では、みなさん個人個人ではなくグループで行動するんですか?

加藤
NMB48は特に他のグループよりも一緒に行動していますね。

-山本さんが昨年末の紅白選抜で一位を取った時はどう思いました?

加藤
テレビ見てて、ビックリしましたよ。でも、「そらそうやろ」って思っていましたけど。彩さんが一番やろって、いままでずっと思っていたんです。だから、結果で出ていなくて、何でなん?ってずっと思っていたから、今回1位になってホンマに嬉しかったですね。

-紅白選抜では、山本さんの他にも、吉田朱里さん6位、市川美織さん10位と、選挙で結果が出なかった二人も躍進しました。

加藤
朱里ちゃんは継続する事の大切さを教えてもらったし、みおりんさんもずっと頑張っていた方じゃないですか!頑張ってたらきっと結果が出る、頑張ることが大事なことなんやなと改めて思いました。

-加藤さんは、NMB48の選抜にも選ばれ年齢的にも人気を一気に上げられる位置にいると思います。

加藤
ありがとうございます。日々、手を抜かないで朱里ちゃんみたいに一気に人気が出た時に…朱里ちゃんも今までずっと頑張ってきたから認められて、みんなと信頼関係が出来て仕事が増えているじゃないですか。だから、NMB48もメンバーが多いしそんなに頻繁にチャンスが回ってくるわけではないけど、普段から意識して手を抜かないということは意識しています。公演でもしっかりと手を抜かずにやるのがいちばん大事なのかなと思います。(後編へ続く)