写真は「リバーデイル」シーズン1より
 - (C) The CW Television Network / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 米コミックス「アーチー」シリーズのリブートドラマ「リバーデイル」で、ジャグヘッド(コール・スプラウス)の父親FP・ジョーンズを演じているスキート・ウールリッチが、第2シーズンからレギュラーに昇格するとDeadlineが報じた。

 「昨年、スキートが『リバーデイル』に出演してくれたことを非常にうれしく思っており、彼なしの番組は考えられなくなりました。スキートは素晴らしい俳優で、本当のFPを見るのはこれからだと感じています。スキートと一緒に仕事を続けられることに興奮しており、来年、視聴者にどんな彼をお見せできるかが楽しみです」とエグゼクティブプロデューサーのサラ・シェクターはコメントしている。

 映画『スクリーム』のビリー役やテレビドラマ「ジェリコ 〜閉ざされた街〜」のジェイク役で知られるスキートは、テレビ映画「アイ・アム・エリザベス・スマート(原題) / I Am Elizabeth Smart」を撮り終えたばかりで、現在はライアン・マーフィーのドラマ「ヴェルサーチ:アメリカン・クライム・ストーリー(原題) / Versace: American Crime Story」を撮影中だという。(澤田理沙)