付き合うまで、もうひと押し!カレのハートを直撃する「胸キュンワード」

写真拡大



デートは毎回いい雰囲気になるけれど、交際のきっかけがなくて未だに“恋人未満”の関係。なんとかズルズルと続くこの関係を、いいかげん次のステップに進めたいけど、どうしたらいいの…?

そこで今回は、20〜30代独身男性を対象に「思わずキュンとした女性のセリフ」を徹底リサーチ!カレのハートを鷲掴みにするコツをピックアップしてみましたよ。

■1.「○○くんに会いたくて、早く来ちゃった」

「まだオッケーをもらえる自信がなくて告白できずにいた彼女から、『○○くんに会いたすぎて、いつもより早く来ちゃった』と言われて、これはイケると思ったね。自分から積極的にアプローチできる方ではないから、“好きのサイン”を出してもらえるとすごく助かる」(27歳/IT)

恥ずかしがり屋の女性にぴったりなのが、このフレーズ。待ち合わせ場所でサラッと気持ちを表現すれば、その日のデートで急接近できること間違いなしですよ。

いつも遅刻気味の女性は、予定よりも早く自宅を出て、カレの到着を待ってみましょう。「今日はどうしたの?」「いつもより早いね」と言われたら、「○○くんに会いたくて」と気持ちを伝えるチャンスです。

■2.「○○くんが一緒じゃないと、寂しい」

「明るくて友達も多いし、恋人なんていなくても平気そうなタイプの女性に『○○くんがいないと寂しいな』って言われて、最高にドキッとした。正直それまで恋愛対象ではなかったけど、一瞬で恋に落ちたね」(24歳/金融)

普段デキる女のイメージが強い女性ほど効果的なのが、ちょっぴり甘え口調で伝える「寂しい」の言葉。特に「○○くん」と名前を付けられると、男性は「急にどうしたの?」と心配になってしまうほど、心動かされるといいます。

あなたもカレとふたりっきりのとき、試してみてはいかがですか? カレのハートを一瞬で射止めることができるはずですよ。

■3.「あなただけが頼りなの」

「彼女から仕事の相談を受けていたとき、『○○くんだけだよ、こんなこと言えるのかも』『頼りにしているよ』と言われて、もっと支えてあげたいと思った。たった一言だけど、“あなただけ”ってフレーズは特別な感じがして胸がキュンとする」(28歳/メーカー)

ズルズルと続く曖昧な関係は、「あなただけ」のフレーズで「特別な存在」というのを表現してみましょう。どんなに鈍感な男性でも、恋の可能性にドキッとするはずです。

ただし、これを使っていいのは本命のカレだけ。だれかれ構わず使っていると、“尻軽”な印象を与えてしまうので、くれぐれもご注意を…!

■4.「もうちょっとだけ、一緒にいてもいい?」

「そろそろ帰ろうと思って駅に向かっていたとき、『もうちょっと一緒にいたい』と呼び止められて、最高に嬉しかった。気持ちが高ぶって、誰もいない路地で思わずギュッと抱きしめちゃった」(29歳/薬剤師)

恋に奥手なカレに恋を意識させる“定番のフレーズ”。男性たちからは「ドキッとする」「気持ちが高まる」「告白する決心がつく」と前向きな意見がズラリ!あと一歩で付き合えそう…というときには、効果絶大のようですよ。

あなたも勇気を振り絞って、カレの袖を引っ張りながら「まだ帰りたくない」「もうちょっと一緒にいたい」と伝えてみてはいかがですか?

■おわりに

どんなにいい雰囲気でも、お互いの気持ちが確信できなければ幸せにはなれません。いい雰囲気だけど、そこからふたりの関係が進展しない…と悩んでいる女性は、今回ご紹介した“胸キュンワード”を上手く使ってみてくださいね。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)