出典:https://www.shutterstock.com

男性は「釣った魚にエサをやらない」なんてよく言われるように、手に入れてしまうと情熱が冷めてしまったりするものです。

でも、毎晩でも会いたくなるような、夢中になってしまうような女性だって中にはいるのも事実。

そこで今回は、男が「毎晩でも会いたくなる」女性になるコツを紹介します。

 

■「知らない部分」がある

何でもわかっていて、全てを知り尽くしてしまうと、男性は飽きてしまうものです。“知らない部分”が多少はあった方が、知りたいという欲求も芽生え、自然とその女性に対して夢中にもなってしまいやすいです。

好きな男性とはいつでも常に一緒にいたいと思うでしょうが、ちゃんとひとりの時間も持って会えない時間もあった方が、“会いたい”という気持ちは強くなります。

何でも全てを明かしてしまうのではなく、ミステリアスな一面もあったりすると、男心をくすぐれますよ。

 

■適度に「軽く拒む」

好きな男性といるときはイチャイチャしたいでしょうが、ときには拒むことも有効です。いつでも好きなようにやりたいようにやらせてしまうと、男性は飽きやすくなりますし、図に乗るようにもなりかねません。

ボディタッチやエッチを、さりげなく上手に拒んだりすると、逆に男性の気持ちは高ぶったりもするでしょう。

ただ、本気で嫌がったりはぜずに、あくまでも軽く拒む程度にしておかないと、「俺のことが嫌いになったのかな」なんて思われたりもしちゃうかも。

 

■上手に「嫉妬」をさせる

やはり“嫉妬”は、恋愛においてスパイスになるもの。嫉妬という刺激を与えることによって、“好き”という気持ちがどんどん燃え上がっていくというのは男性にだってよくあります。

他の男性と楽しそうに話してみたり、他の男性のことをちょっと褒めてみたり……。そういったことで、男性の心を少し揺さぶってみるのもアリかもしれません。

やりすぎると鬱陶しく思われたり、引かれてしまったりすることもあるので、上手に軽く嫉妬させることを心がけてくださいね。

 

■たくさん「話」をさせる

好きな人と一緒にいると、すぐに時間が経ってしまったり、いつまでも話が尽きなかったりするものですよね。

それは男性だって同じことなので、そういう体験をさせてあげると、あなたの存在がどんどん大きくなっていくはずです。

それには、男性にたくさん話をさせてあげることが大事。自分の話をしっかり聞いてくれて、ついつい色々と話したくなってしまう女性とは、“また会いたい”とも感じやすいです。

自分の話ばかりをするのではなく、聞き上手になってあげることがまずは重要ですよ。

 

上手に追いかけさせるようなことができれば、男性はいつまでもあなたに夢中になってくれるはずです。

思い通りになりそうで、なかなかそう簡単にはいかない。そんな感じになれると、男心をしっかりとつかむことができるでしょう。

【画像】

※ Viacheslav Boiko/shutterstock

【関連記事】

※チャンスを逃すな!結婚式の二次会で出会いをゲットする方法

※思わずムラムラ…男がいやらしい気分になるデート中のシチュエーション

※ムラムラしちゃう…!彼が喜ぶ「おうちデート」の雰囲気づくり

※ ホテル、行っちゃう?気になる彼と「大人の関係」になるための秘技

※ もう一回しよ。「キスの後」に男性をドキッとさせるひと言

※ 思わずグッとくる!男がデート中に出されると喜ぶアイテム