最近スーパーなどでよく「機能性表示食品」と書かれた食品を目にします。機能性表示食品という名前は知られるようになったけれども、例えばトクホとの違いについてなど、まだあまり理解されていないこともあるようです。知っていれば健康維持に役に立つ、機能性表示食品についてご紹介しましょう。

トクホと機能性表示食品は何が違うの?

機能性表示食品は、2015年4月に消費者庁によって始められました。トクホ(特定保健用食品)に次ぐ制度として、開始後2年が過ぎた今、機能性表示食品は消費者の間に定着しつつあります。機能性表示食品の特徴とは、食品パッケージに健康への機能性が表示してあること。そしてその狙いは、分かりやすい食品機能情報をもとに、消費者が自由に選んで健康促進に役立ててもらうことなんです。例えば、どうも最近お腹の脂肪が気になる、という方が、血中の中性脂肪を抑える機能のある食品を選ぶことで、体内に脂肪が蓄えられるのを少しでも減らすことができるわけです。

ところでトクホや機能性表示食品のように、成分機能を表示できる食品を「保健機能食品」と言います。しかしトクホと機能性表示食品には大きな違いがあります。トクホは、食品の機能性や安全性に対して、国が審査を行い消費者庁の許可を得ている食品です。それに対し機能性表示食品は、機能性や安全性について消費者庁に届けでていますが、国の審査が行われていない点が、トクホとは異なります。パッケージに表示されている食品の機能性と安全性に関して、すべて事業者の責任となっています。

どんどんと増えている機能性表示食品

トクホの場合、国の許可を得るためには長い時間と資金が必要となります。そのため企業側も断念することが多く、国にトクホとして申請される食品の数は限られていました。しかし消費者の健康意識をもっと高めたいという国の政策のもと、トクホよりも簡単に許可が得られる、機能性表示食品が始められたのです。毎年トクホとして許可される食品の数は、平均60件ほどでした。しかし機能性表示食品制度が開始されると、その数が一気に増え、2015年度だけで機能性表示食品として許可された食品は310件にもなります。そして開始後2年ほどで、機能性表示食品の数は500件を超え、まだまだこれからも伸びていきそうな勢いです。

機能性表示食品の効き目が現れるまでには、
時間がかかることも…

機能性表示食品は健康機能が表示された食品です。しかし、注意しなければならないのは、機能性表示食品は薬ではないということ。表示機能に即効性はないのです。企業の機能性に関する調査報告でも、効果として認められるまでには、3ヶ月以上継続して摂取することを必要とする場合が多くあります。それから機能性表示食品とは、病気を治す目的で摂取するものではなく、食生活が乱れやすい人が、機能性表示食品を摂ることで、少しでも健康でいられるように、との目的で作られたものです。

1回食べたからといって目に見えるような効果はなく、長い期間摂取していくことで、少しずつ体の調子を改善していくものなのです。機能性表示食品の注意点として、体に良い成分を効率良く摂取できるよう考えて作られたものが多く、食べ過ぎると成分の過剰摂取になることもあります。必ず表示されている量を守るようにしましょう。口から体内に入れるものだからこそ、できるだけ安心で健康効果のあるものを摂りたいですよね。機能性表示食品のように成分機能が表示してあれば、食生活のコントロールがしやすくなり、生活習慣病を予防するのに役に立ちます。ぜひご活用ください。


writer:Akina