ロシアW杯最終予選の行方が、これまでにも増して混沌としてきた。

 日本がシリアとテストマッチを行なった翌日、オーストラリア対サウジアラビア戦が行われた。15年のアジアカップで優勝したアンジェ・ポステコグルー監督のチームが、17日開幕のコンフェデレーションズカップに出場するための措置である。

 アデレードで行われた一戦は、オーストラリアが3対2で競り勝った。これにより、日本、サウジアラビア、オーストラリアの3か国が、勝点16で並んでいる。

 13日のイラク戦に勝利すれば、日本は頭ひとつ抜け出す。しかし、引き分け以下に終わると状況は複雑化する。

 イラク戦を終えると、最終予選は残り2試合となる。日本は8月31日にオーストラリアとホームで、9月5日にサウジアラビアとアウェイで対戦する。

 オーストラリアは4勝4分で勝点16を稼いでいる。つまり、アウェイで負けていない。日本のホームゲームでも、W杯予選では過去2大会連続でドローに終わっている。

 また、9月6日の最終戦で、オーストラリアはタイをホームに迎え撃つ。この試合で勝点3をつかむのは、ほぼ間違いないと考えていいだろう。

 サウジアラビアの残り1試合の相手は、アラブ首長国連邦(UAE)だ。数字上はW杯出場の可能性をつないでいるUAEだが、現実的には3位でのプレーオフ進出も難しくなっている。UAEのホームゲームとはいえ、サウジアラビアが勝点3を持ち帰りそうだ。

 そうやって予想すると、直接対決で雌雄が決する公算が強い。

 17−18シーズンの欧州各国リーグは、ロシアW杯を控えて開幕が早い。ドイツ・ブンデスリーガは7月28日、スペインのリーガ・エスパニョーラは8月11日、イングランド・プレミアリーグは8月12日に第1節が行われる予定だ。どこの国のリーグでプレーしている選手も、日本代表がオーストラリアと対戦する8月31日までに、少なくとも3試合はゲームを消化していると考えていい。

 一方で、各選手がどのようなコンディションで合流できるのかは、現時点で不透明さを残す。さらに加えて、オーストラリア戦はテストマッチという助走なしの一戦である。ホームで戦えるのはアドバンテージだが、難しいものになるのは確実だ。

 イランの首都テヘランで日本を迎え撃つイラクは、1日にヨルダン、7日に韓国とテストマッチを消化している。ロシアW杯出場の可能性は消滅しているが、最初から消化試合にするつもりはないようだ。

 イラク戦で勝点3を上積みすると、ひとまず3位以内が確定する。それだけでなく、残り2試合に連勝する必要がなくなる。

 たとえば、オーストラリアが残り2試合に連勝して、勝点を「22」にしたとする。日本はオーストラリアに負けたことになるが、サウジアラビア戦に勝てば勝点「22」で2位以内をキープできる。

 サウジアラビアがUAEを退け、日本対サウジアラビアが引き分けに終わると、両チームが勝点「20」で並ぶ。得失点差、総得点、当該成績の争いとなっていくが、ホームでサウジに勝利したゲームがここで意味を持ってくるかもしれない。

 いずれにせよ、イラクを下すことでロシアへの道は大きく開ける。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「テヘランでの試合は、決定的な意味を持つ」と言う。