『氷菓』より。写真上、追加キャストの小島藤子と岡山天音。写真下、左から山崎賢人、広瀬アリス、岡山天音、小島藤子 (C) 2017「氷菓」製作委員会

写真拡大

山崎賢人と広瀬アリスW主演で映画化されることが発表されている『氷菓』に、新たに小島藤子と岡山天音が出演することがわかった。

山崎賢人が広瀬すずに続き、今度は姉の広瀬アリスとW主演で『氷菓』映画化

本作は、累計220万部を突破した、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説「古典部シリーズ」の初実写映画化作品。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校1年生・折木奉太郎は、姉の命令で廃部寸前の古典部に入部。そこで、一身上の都合で入部してきた美少女・千反田えると出会う。一見、清楚なお嬢さま風の彼女だが、その正体は「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるの好奇心に巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力を発揮し、学園に潜む謎を次々と解き明かしていくというストーリー。山崎が折木奉太郎役、広瀬が千反田える役を演じる。

今回、発表となった2人が演じるのは、奉太郎、えると共に学園の謎に迫る古典部員役。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』では秋葉幸子役を熱演する小島が古典部所属の伊原摩耶花(いばら・まやか)役。同じく『ひよっこ』に漫画家役で出演中の岡山が福部里志(ふくべ・さとし)役を演じる。

出演オファーを受けたことに小島は「驚きと不安が大きかったです。なにより摩耶花を私がやって大丈夫かと思いましたが、安里監督含めスタッフの方々の『氷菓』への熱い思いを知り、この作品に参加できることを光栄に思いました」とコメント。役作りについては「難しいことは考えず気持ちのままに。十代で小柄な摩耶花とは、年齢や見た目は私とは違う所ばかりですが、撮影中は『私が伊原摩耶花です』という感じで伊原摩耶花になりきり毎日演じました」と話している。

一方、岡山は「学生服を着る機会が少なくなってきた中で、氷菓のような青春映画の出演が決まったことはとても嬉しかったですし、制服は最後かもしれないと思いました。そして、十代の頃からずっと一緒にいた賢人と親友役として共演できることがとてもとても嬉しかったです。監督の安里さんとも以前オーディションでお会いしたことがあったので、とにかくご縁を感じ、これは自分にとって特別な作品になると思いました」と出演が決まった感想をコメント。

役作りについては「原作も読んだ上で僕が里志に抱いた印象は、表面的にはいつも飄々とそこに居るように見えて、その奥に抱える葛藤と真剣味をもっているという二面性だったので、そこの意識を持ちつつ演じました」と話し、「ミステリー作品の1つではありますが、氷菓の世界でしか味わえない魅力の詰まった映画だと思います。日常の荒波にもまれ、息継ぎもしにくい誰かの孤独に寄り添えればと思います」と作品をアピールした。

『氷菓』は2017年秋より全国公開となる。