ハンバーガーストリート・松原好秀の「週末はハンバーガー」 「Coeur」(表参道

 

「ハンバーガーは男の食べ物」というイメージはもう捨てた方がよい。人気のハンバーガー店へ行くと客の7割近くは女性だ。この現実は無視できない。もっと女性目線のハンバーガーをーーそんな考えからこの店「クール」は誕生した。

 

「バーガー×2」のSETが大人気!

店主古海さんは飲食業の経験者だが、どこかの有名バーガー店で働いていたわけではない。むしろハンバーガーを食べ歩いていた側だった。その食べ歩きのなかで女性客の意外な多さに気づき、そのニーズに応えるバーガーを作ろうと考えた。こうしてできたのが都内でもめずらしい「ミニバーガー専門店」だ。

 

女性がハンバーガーを食べる際に問題なのは、その「ボリューム」である。「もう少し小さければ」と思っている人も少なくないはずだ。クールのバーガーメニューは15品すべてが「ミニ」である。バンズの直径約9センチ。パティのサイズは70グラム。専門店のパティの平均が大体130グラムなので約半分のサイズだ。

↑ユニークな「ミニビーフストロガノフバーガー」(左・単品918円)と定番の「ミニベーコンエッグバーガー」(右・単品810円)。フライドポテトとスープが付いたバーガー2個セットが大人気

 

中身もしっかりとした本格バーガーを目指している。ほどよくソフトなミニバンズは、フランスパンの卸しで有名な新宿「東洋製パン」製。パティは挽き方の異なる豪州牛のミンチに国産牛の脂とタマネギを合わせたもの。グリドルで両面焼いたのちオーブンへ入れ、さらに数分。小さくともコゲのにおいがプンと立って、正しくビーフの味がバーガーの中心を占めている。ミニである以前にまずハンバーガーとしておいしい。

 

徒歩1分の近所には名店「FELLOWS」と「UMAMI BURGER」がある。表参道のそんなバーガー密集地帯で、小ぶりでかわいいハンバーガーを出す小さな専門店。おいしいハンバーガーを「ちょっとだけ食べたい」貴女におすすめ!

↑セットメニューで大活躍の「野菜たっぷりミネストローネ」(単品626円)。ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、セロリ、キャベツ、ベーコンがゴロゴロ

 

― shop data ―

所在地:東京都港区北青山3-9-9 FNビル1A

アクセス:東京メトロ 表参道駅B2出口より歩3分

オープン:2016年9月19日

営業時間:月〜土 11:30〜22:00(LO21:00)、日・祝 11:30〜21:00(LO20:00)

定休日:不定休(要確認)