スバルWRX STI新車情報・購入ガイド
切れ味さらに鋭くなった大幅改良!【ニュース・トピックス:スバル】

写真拡大

<font size="3">

スバルWRX STI新車情報・購入ガイドの目次

</font>



<お勧め記事>

<font size="5"></font>

<h2 id="01">■モータースポーツと深くかかわり続けてきたスポーツモデルがWRX STI</h2>

 スバルは、スポーツセダンであるWRX STIの大幅改良モデルを2017年6月20日に発売する。

 スバルWRX STIは、元々インプレッサのスポーツモデルとして存在していた。WRC(世界ラリー選手権)でシリーズチャンピオンを獲得するなど、スバルを代表するスポーツセダンだった。その後、このモデルからインプレッサの名が外されWRXという独立した車名とある。WRXとなった現在も、モータースポーツとの関係は深く、WRX STIはニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝を果たしている。WRX STIは、モータースポーツを通じで、その走りの質を磨き上げているモデルと言っていい。

 現行スバルWRX STIがデビューしたのは2014年8月。コンセプトを「Pure Power in Your Control」とし、スポーツセダンとしての「絶対的な速さ」と「クルマを操ることの愉しさ」をさらに高次元で両立することを目指した。

 搭載されたエンジンは、もはや熟成の域に達した名機EJ20。水平対向4気筒ターボで、308ps&422Nmという出力を誇った。

 プラットフォーム(車台)は、インプレッサのものをベースとしながらも大幅に改良。ハイパワーエンジンの実力をシッカリと受け止めるボディが開発された。

 サスペンションは、専用倒立式フロントストラットサスペンションを採用。タイプSには、ビルシュタイン製ダンパーが採用された。さらに、アルミ鍛造製フロントロアアームやブレンボ製ブレーキなどを装備した。

 AWDには、マルチモードDCCD[ドライバーズコントロールセンターデフ]方式が採用され、ドライバーの好みやシチュエーションに合わせたセッティングが可能となっている。ミッションは、強化されたショートストロークの6速MTが組み合わされた。

 これほどの装備を得たスバル WRX STIの価格は3,790,800円。これは、かなり優れたコストパフォーマンスで、多くのファンに支持された。

<h2 id="02">■新電子制御マルチモードDCCDで、より切れ味鋭いハンドリング性能へ</h2>

 スバルWRX STIの大幅改良では、多くの新開発パーツが投入された。WRX STIの大きなウリのひとつであるマルチモードDCCDが一新され電子制御マルチモードDCCDへ変更されている。センターデフの締結力を緻密にコントロール、さらに他の機能と合わせ一段と優れた回頭性能を誇るようになった。

 また、新開発ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤを採用。電子制御マルチモードDCCDによる回頭性能の向上と合わせ、コーナリングの限界性能を向上している。WRX STIは元々ステアリング操作に対する反応速度の早いコーナーリングマシン的走りが特徴。今回の改良では、さらに切れのある走りとなっていることが分かる。

 DCCDが変更されれば、当然サスペンションのセッティングも変更されている。設定の最適化等で優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立した。

<h2 id="03">■スバル初となる電動式レカロ製シートも用意/h2>

 WRX STIの外観デザインも少々変更されている。 新デザインフロントバンパーが採用された。左右のエアダクト部分がより大きく強調されたデザインに変更せており、より精悍でスポーティなフェイスとなっている。

 また、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニターが装備され安全性能もやや向上している。しかしMT車ということもあり、歩行者検知式自動ブレーキ関連の先進予防安全装備アイサイトは装備されていない。

 また、走行性を誇るクルマながら、アウトドアライフをより充実させるルーフキャリアブラケットを採用するなどし、実用性面も強化された。

 そして、より走りの質を追求したWRX STIタイプSには、スバル初となる電動調整式レカロ製フロントシートがオプション設定された。レカロにビルシュタイン、ブレンボとクルマ好きのハートをくすぐるパーツ類が満載だ。

<h2 id="04">■ SGPを採用した新型WRXを待つのか? 熟成された現行車か? 悩ましくも楽しい選択が求められる?</h2>

 そして、大幅改良されたスバルWRX STIの価格は3,866,400円、タイプSは4,060,800円となった。標準車は、約8万円のアップしたが、逆にタイプSは装備などの変更が行われ約5万円安の価格となった。

 スバルWRX STIは、スポーツカーとして非常に高いコストパフォーマンスを誇る。AWDで300psオーバー、ブレンボのブレーキなどが装備されていることを考えると貴重な存在だ。

 標準車とタイプSのどちらを選択するかだが、やはりお勧めはタイプSだ。ビルシュタイン製ダンパーと19インチホイールの組み合わせは、やはり魅力的だ。これらの装備で約20万円アップするが、価格アップに見合うものといえる。WRX STIのリセールバリューは、なかなか高いので短期で乗り換える場合でもメリットはある。

 強いて悩みどころといえるのは、最新のインプレッサが新世代のプラットフォームであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)に進化した。非常に優れたパフォーマンスをもつプラットフォームなので、いずれこのプラットフォームを搭載したWRX STIが劇的な進化をするのは確実。

 今、買うのか? しばらく待つのか? 難しいが楽しい悩みになりそうだ。

<h2 id="05">■スバルWRX STI主な改良内容</h2>

■ デザイン
<エクステリア>
・ 新デザインフロントバンパー
・ 19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19タイヤ
<インテリア>
・ インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
・ 運転席&助手席8ウェイパワーシート付RECAROフロントシート
  (レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)
・ レッドカラーシートベルト
・ マルチファンクションディスプレイ(高精彩9インチ大型カラー液晶)
・ ディーラー装着オプションで、8インチサイズナビゲーションを設定
■ メカニズム
・ 新電子制御マルチモードDCCD
・ brembo製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ
  ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ポット/2ポッドキャリパー(イエロー塗装、STIロゴ入り)
・ サスペンション設定最適化
■ 安全性・実用性
・ LED2灯ハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
・ フロントビューモニター
・ ルーフキャリアブラケット

<h2 id="06">■スバルWRX STI価格/ボディカラー</h2>

■スバルWRX STI価格
・WRX STI 3,866,400円
・WRX STI Type S 4,060,800円

■WRX STIボディカラー
アイスシルバー・メタリック、クリスタルホワイト・パール、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、WRブルー・パール

<h2 id="07">■スバルWRX STI主要スペック、燃費など</h2>

■スバルWRX STI主要諸元諸元、燃費など

グレード WRX STI 「WRX STI Type S」
全長/全幅/全高(mm) 4595/1795/1475
ホイールベース(mm) 2650
エンジン 種類 2.0ℓ DOHC16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
最大出力[ネット][kW(PS)] 227(308)
最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)] 422(43.0)
燃費[km/ℓ](JC08モード) 9.4
トランスミッション 6MT
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
サスペンション形式[前/後] ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
タイヤサイズ 245/40R18 「245/35R19」

<h2 id="08">■スバルWRX STI画像集</h2>

この記事をCORISMで読む→