「ジナン兄さんは、ダンスが大変で泣いた」iKONのBOBBYが明かした新曲エピソードに“爆笑”

写真拡大

iKONがスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意) 溢れる姿を届けた。

iKONは最近発売された雑誌「HIGH CUT」でファッショングラビアを公開した。

撮影後に行われたインタビューでiKONはニューアルバム「NEWKIDS:BEGIN」のタイトル曲の1つである「BLING BLING」について語った。作詞・作曲に参加したB.Iは「少し強い曲だ。歌詞にも見栄っ張りなところが多い。『僕もそういう風に遊びたい』という僕の願いを込めた曲でもある」と話し、BOBBYは「今回のアルバムは、一言で『遊ぼう』である。最近の若者たちが遊んでいる方法を盛り込んだアルバムだ」と語った。ドンヒョクは「イヤホンよりはスピーカーで、1人よりは複数人で一緒に聴いたほうが良い」と付け加えた。

ジナンは「ステージマナーも前よりは良くなった。過去の活動の僕のステージ映像を見ると、本当に恥ずかしくて仕方がない。今回のアルバムは、1stアルバムより歌やパフォーマンス、視線の置き方においてもう少し上手くなった」と話し、自信を見せた。特にカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス) に力を入れたという。BOBBYは「(カル群舞が) 本当に難しかった。振り付けを全部決めたのに、最初からやり直しになったこともある。ジナン兄さんは、ダンスが大変で泣いた」と話し、現場を爆笑させた。

iKONは今後新曲を順番に発売し、「NEW KIDS」連作シリーズを展開していく予定だ。B.Iは「1stアルバムは、実際経験したことより想像して書いた曲のほうが多かったが、今回リリースされる曲は半分ずつだ。前回よりは僕の経験や考えがたくさん入っている」と話した。ドンヒョクは「静かな曲もある。歌詞を深く考えながら聴いてほしい」と伝え、今後公開される曲について語った。