まるで謝罪会見な伊藤英明のビデオメッセージ

写真拡大

 俳優の伊藤英明が10日、新宿ピカデリーで行われた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』初日舞台あいさつにビデオメッセージを寄せ、その神妙な面持ちのメッセージに共演者の野村周平から「素晴らしい謝罪会見でした」とちゃかされた。この日は藤原竜也、夏帆、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、仲村トオル、入江悠監督も出席した。

 未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件から22年、犯人(藤原)が告白本を手に自ら名乗り出て社会を挑発したことで、世間を巻き込んだ新たな事件が起こるさまを描いた本作。この日の登壇者が「皆さんは映画を観たんですよね?」と確認してから話し出すほどに、ネタバレ厳禁の衝撃的展開が待っている。

 藤原は「僕は『ビー・バップ・ハイスクール』や『あぶない刑事』を観ていた世代なので、尊敬する(仲村)トオルさんとご一緒できて……」と言うや、いきなりのネタバレトークを繰り出し、映画を観たばかりの観客は大喜び。

 そんな中、舞台あいさつを欠席した伊藤はビデオメッセージでの登場。「会場にお越しの皆さま、本日は仕事のためにそちらに伺えず申し訳ありません。共演者の皆さんも本当に申し訳ありません。今日は藤原君が盛り上げてくれるんで、よろしくお願いします」というシンプルなメッセージに、会場からは「これだけ?」とばかりにクスクス。野村が「素晴らしい謝罪会見で。前の日、寝ていないんじゃないかくらいのビデオメッセージでしたね」とちゃかして会場は大笑い。藤原も「実は後でドッカンとサプライズ登場するんじゃないの?」と続けて盛り上げた。(取材・文:壬生智裕)

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は公開中