北朝鮮の両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市で5日から9日にかけて、普天堡(ポチョンボ)戦闘(※1937年6月4日)勝利80周年記念の万寿台(マンスデ)芸術団三池淵(サムジヨン)楽団の公演「永遠のこだま」が行われた。9日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、道内の幹部らや青少年学生などが公演を鑑賞した。公演は「革命軍の歌」で始まり、「栄光の地普天堡」、「延吉爆弾」、「オモニは赤旗と共にいる」、「永遠のこだま」、「元帥へのいちずな思い」、「あなたなしには生きられない」、「われらはマンリマ(万里馬)の騎手」などの演目が披露された。